VMwareがWindows 10を正式サポート/どうやら私は Windows 10で発生するトラブルを紙一重でかわしているらしい

VMware が VMware Workstation 12を公開し、ようやく Windows 10を正式サポート。そして我が家のPCは怖いくらいに順調にトラブルを避けているようです。

VMwareがWindows 10を正式サポート/どうやら私は Windows 10で発生するトラブルを紙一重でかわしているらしい

VMware が VMware Workstation 12を公開し、ようやく Windows 10を正式サポートしましたヾ(*´Д`*)ノ

参考リンク
 VMware、Windows 10をサポートした仮想PCソフト「VMware Workstation 12」を公開 - 窓の杜

ダウンロード
 VMware 日本
 ダウンロード VMware Workstation 12

ニュース的な情報はここまで。
以下、半分雑記のような、役に立つ情報もあるような、微妙な更新です。

旧VMware Player から、VMware Workstation 12(無償版)へアップグレードできるの?

私のPCでは、上書きインストールで無事アップグレードできました。
(元OSは VMware Player 6.0.7)

インストール中のダイアログの一部
VMware上の仮想PCがすべて起動しなくなった
▲クリックで拡大
インストールフォルダなども 特に指定する必要なく、VMware Player は全自動でVMware Workstation 12へアップグレードできました。
(ただし、アップグレード後の全ホストにVMware tools入れ直し作業は相変わらず必須作業)

 

ネット上では「Windows 10にアップグレードしたらVMware が動かない」とか「VMwareの描画がおかしい」とか、そういう情報に溢れていたのですが、そういうユーザーさんもこれで安心してVMwareが使えるようになりそうです。

ちなみに私の環境では・・・

ウチのVMware Playerは、ここまで何の不具合もなく、メッチャ順調に動いていたのですが、これ、実は紙一重でトラブルを回避できていた模様です。

という事で 今回の更新は、私のメインPCに(ほぼ)不具合が発生しないのは、どれだけ偶然に頼っているのか・・・を書き記すのがメインになっています。
つまり、ここから下が今回更新の本文です。

私のメインPCの、Win10アップグレード後のここまでの経緯

  • 私の場合、8月10日に  メインPC (Windows7 Proマシン)Windows10へアップグレードした。
  • 8月26日まで、最低限のドライバ (マウスとビデオカードのみ)をWindows10正式対応のドライバに変更したのみで、残りのドライバはWindows7時代のものを利用していた。
    • どうやらこの判断が絶妙だった模様。
    • どのドライバを新しくするか、古いまま残すか、というのは半分は長年の経験、残り半分は気まぐれだった。
    • USB関連のドライバに関しては、更新しない方が面白いトラブルに見舞われそうだ・・・という好奇心があった (狙い通り、スリープ復帰に失敗するトラブルを十分堪能できたw)
  • 昨日、マザーボードChipsetやDiskコントローラ、USBコントローラなどを最新の Windows 10対応版にアップデートしてみた。
  • その結果
    VMware上の仮想PCがすべて起動しなくなった
    ▲クリックで拡大
    VMware上の仮想PCがすべて起動しなくなってしまった orz
    • エラーメッセージ「パワーオン中にエラーが発生しました: 内部エラーが発生しました。」
    • VMware上のゲストOSに入れていたデータが大至急欲しかったので、少しだけ焦った。
  • マザーボードChipset、Diskコントローラ、USBドライバ、どれが引っかかっているのか不明
    • なるほど、これが多くのVMwareユーザーが苦しんでいる現象なのか(^_^;
  • 種明かし
    Windows10正式対応前の VMwareは、ホストをPCこういう風に認識している
    VMware上の仮想PCがすべて起動しなくなった
    ▲クリックで拡大
    VMwareは、ホストOSをWindows 8.1と認識していたらしい。
    • ここに最新ドライバをインストールすると、(OS情報に整合性がなくなるのか?)VMwareが誤作動を起こす模様。
    • そしてこの現象はチップセットドライバ、Diskコントローラ、USBコントローラ、いずれかのドライバで発症する模様。

 

・・・とまあ、こんなエラーが出てしまい、せっかくインストールしたWindows10用のドライバ、どれから削除して行くべきだろう・・・?と頭を悩ませていた所にVMwareがWindows10に正式対応のニュースが飛び込んで来た次第です。

結果、10分も悩まないうちにVMwareの問題は解決( ̄▽ ̄;)

Windows10にアップグレードした後に「まず、どのドライバを最新版にしようか」という判断も、「残りのドライバをいつ更新しようか」という判断も、実に絶妙だった模様です。
それと同時に、ドライバが古い方がマトモに作動するソフトもあるのだ、という事実もゲット。

なんだか 怖いくらいに順調にWindows10への移行作業が進んでおりますわあ。 



次のページへ
前のページへ
VMwareがWindows 10を正式サポート/どうやら私は Windows 10で発生するトラブルを紙一重でかわしているらしい
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[2] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> 仮想化ソフト | 時事ネタ(IP/TP/TH1/TH2)
雑記:メインPC (Windows10) のメンテナンスしてみました。
Windows10のIE11が重い、画面が固まる、真っ黒になる問題 2016年1月
(自己責任&効果薄め) GWX.exeを直接弄って「Windows10を入手する」アプリを作動させない方法
SkypeをインストールしてないのにSkypeHost.exe 動作が停止しましたと出る場合

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
ドスパラ amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/08/27(2015年08月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8