まず最初に、このページ作成時に参考にしたリンク
Windows 8にてフロッピーディスクをPC98形式でフォーマットする -CELLA.DAT

上のページを読み とても興味が沸き、本当に64bit版 Windows10でも FDをPC98形式でフォーマット出来るのか?を確認してみました。

んで、非常にビックリなのですが 本当にリンク先の通り、3.5インチフロッピーディスクが普通にPC98形式でフォーマット可能でした。すごい!

リンク先のざっくりした内容

実機でテスト

検証にあたり、USB接続のFDドライブを2台用意してみた。
1台は「鉄板」としてNEC製のドライブを、
もう一台は「あえて失敗」してみたくてIBM製2モードドライブを購入してみた。

1台目のFDD (NEC製)

NEC製 型番PC-VP-BU28
NEC製 型番PC-VP-BU28
▲クリックで拡大
カタログ上では2モード/3モードの表記は無く、2DD(720KB)、2HD(1.44MB)のみ対応という製品。
しかしネット上で検索するとXP時代はコイツでPC-98形式のフォーマットしているユーザーは多数いた模様。

裏面写真
PC-VP-BU28裏面写真
▲クリックで拡大
型番: PC-VP-BU28/OP-210-74702

デバイスマネージャー上の認識
PC-VP-BU28のデバイスマネージャー上の認識
▲クリックで拡大
せっかくNEC製のドライブを選んだ・・・と思ったのに、中身は「Y-E DATA USB-FDU USB Device」(いろんなメーカーで利用されている一般的なドライブ)の模様。。。まあこのデバイスならば 冒頭で紹介したCELLA.DATさんの検証ページでも利用されていて、PC98フォーマットに成功しているから大丈夫・・・かな(^_^;

もう一台のFDD (2モードFDD)

IBM製 2モード 2DD 720KB&2HD 1.44MB (型番不明)
IBM製 2モード 2DD 720KB&2HD 1.44MB
▲クリックで拡大
敢えて失敗を経験するために「2モード」と明記した製品を購入した・・・つもりだったが、「業者再生修理リサイクル品」を掴んでしまうという痛恨のミスを犯す。

裏面写真
業者再生修理リサイクル品FDD裏面写真
▲クリックで拡大
中国で再生された事が分かる。
そして中身はUSモデルのFDDを元に再生している?と思われる。

デバイスマネージャー上の認識
中身はSONY製のドライブ
▲クリックで拡大
3モード非対応のドライブが当たると思ったのに、中身はSONY製のドライブらしい。恐らく3モード対応です・・・orz

なかなか思うようにいきませんね(^_^;

これらのFDDを使い、Windows10上でPC98フォーマットのテストを行ってみる

いよいよPC-98形式のフォーマットを行ってみます。
いずれも追加のドライバやソフトウェアの追加なし、Windows10標準でインストールされたドライバのみで検証。
入手した2台のFDDは、いずれもPC-98形式のフォーマットに成功しました。

冒頭で紹介したコマンドを入力した図
PC-98形式のフォーマットに成功
▲クリックで拡大
 chkdsk a:
 format a: /f:1.23m
 chkdsk a:
と3つのコマンドを実行しています。
前後のchkdskの結果から、通常の1.44MB/512セクタ の DOS-Vフォーマットが1.2MB/1024セクタのPC98フォーマットに変更出来ているのが分かるかと思います。
※公開後30分ほど、フォーマットのコマンドをミスした画像を掲載していました(^_^;

2台のFDDの違い

予想に反して、NEC製FDD (デバイス名Y-E DATA USB-FDU USB Device)の方が安定性が低かったです(^_^;

  1. 一部メッセージが異なる
    PC-98形式のフォーマットに成功
    ▲クリックで拡大
    Y-E DATA USB-FDU USB Deviceの方だけ、「ダイレクトアクセスのためにボリュームを開けません。」というメッセージが表示される。
  2. 仮想化ツールとの相性が悪い?
    ImDisk Virtual Disk Driver (仮想FDD作成ツール)をインストールしたPC環境だと、Y-E DATA USB-FDU USB Deviceの方だけ妙に作動が安定しなかった。
    • 完全フォーマットに失敗したり、Aドライブに全くアクセスしていない時でもFDDがガコガコ鳴り出したり、チョット挙動不審です(^_^;

「敢えて失敗するために購入したFDD」の方が「PC98フォーマットする時も通常利用する時も」安定して利用できる・・・という皮肉な結果になってしまいました。(値段も1000円以上安かった)(^_^;

PC98フォーマットFDDの読み書きについて

フォーマットする時はチョット特殊なコマンドが必要でしたが、通常のFDDの読み書きについては (どちらのドライブも)特殊な操作一切なし。

  • 普通にFDDをUSB接続して
  • 自動的にドライバがインストールされるのを待って
  • PC98フォーマットのFDを差し込んで
  • エクスプローラやテキストエディタなどから普通にAドライブにアクセスする
  • 普通に読み書きする

こんだけ。通常のDOS/V用FDD (1.44MB・512バイト/セクタ) の時と何ら変わらず使用できました。

このページの情報は以上です。
次回更新では、仮想FDDを作成してPC98フォーマットしてみる予定。
これがなかなか上手く行きません(^_^;