「GoPro HERO3 BE で動画撮影したら、すっげー音がズレているんだけど・・・」みたいな情報、あちこちでチラホラと読んで知ってはいたけれど、実際に発生しますねえ(^_^;

  • 0.1~0.2秒ほど音と映像がズレてしまう事は、結構頻繁に発生する。
    このレベルは2~3回に1回は発生する。
  • 今までで最大0.6秒ズレたファイルが出来上がった事あり。
    ここまでずれるのは稀。
  • 1080P 60fps とか、2.7K 30fpsとか、高負荷なモードほど発生しやすい。
  • 追記:この現象、カメラ個体差(またはカードの相性)が結構あるかも?
    • 知人の購入したGoPro HERO3は、かなりの頻度で0.4~0.6秒の音ズレが発生する事を確認。チップの性能は一緒だと考えるべきだろうから、SDカードやバッテリーの状態などで変わってくるのかな?
  • 上記、2012年12月のファームウェアを使った頃のお話。
    最新ファームにしてからは音声部分を重視した撮影を行っていないので、どのくらい音ズレが発生するか未調査。

音声部分は重視しない撮影に使うカメラだし、0.1~0.2秒の音ズレは気にしていなかったのですが、さすがに0.6秒ずれるとキツイです(^_^;

 

あと、非常に稀なケースだけど、4GBファイルを繋ぎ合わせると約0.3秒の無音部分が発生する場合もあり。
約0.3秒の無音部分
▲クリックで拡大
(60fpsで撮影した場合、0.15秒のずれになるかも)
GoPro Hero3 BEの録画ファイル(4GB超)を編集ソフトで繋ぎ合わせると、繋ぎ目の部分で小さな無音が発生する事がある(これも毎回発生するワケじゃない)

これ、厄介な事に音ズレを含んでいる。4GBファイルを3~4個繋いでいくと最後のほうは明らかに違和感を感じる位に音がズレている。

撮影データを編集する時は、コレを頭に入れておかないと「どこから音がズレているんだ?」と修正に頭を抱える事になるので気を付けよう。

注意:
他のビデオカメラで撮影したデータでも、4GBのMTSファイルをPCで直接取り込んで編集を始めると、上記のような「ファイルの繋ぎ目で音ズレ発生」が稀に発生するみたい。
効果的な対処方法はまだ未調査。

追記

どうやらこの症状、個体差(またはSDカードやバッテリーとの相性)が結構あるみたいです・・・・?
よく発生する機体、ほとんど発生しない機体があります。
 → GoPro HERO3 BEの音ズレについて続編