Namexif

Namexifは、デジカメ写真などのjpg画像のファイル名を一気に「日付と時間を元にしたファイル名」に変更してくれる便利なフリーソフトです。

撮影した月日や時間から「何を撮影したか」が思い出せる人などは、このツールでファイル名を変換しておくと、後の管理が非常に楽になります。旅行やパーティ写真などが向いているんじゃないでしょうか。

Namexif概要

ライセンス: フリーソフト
OS: Windows 95、98、2000
    Vista、7、64bit OSでも一応作動 
公開ページ: Namexif:Rename EXIF Photos

注意点

Namexifの使い方

単体の実行ファイルです。インストール不要。

Namexifの使い方
▲ダウンロードした「Namexif.exe」をダブルクリック

Namexifの使い方2 Namexifの使い方3
▲クリックで拡大
インストーラーが起動したような錯覚を覚えますが、この後すぐにNamexif本体が起動します

Namexif起動画面
▲Namexif起動画面
  Add Filesでファイルを指定
  Add Dir でフォルダごと指定
  Windows XPまでならドラッグ&ドロップでもOK

日本語フォルダ内のJpgファイル登録してみる

フォルダ名が激しく文字化けしますが、一応使えます。

日本語フォルダ
▲「Add Dir」ボタンで、日本語フォルダを指定すると、こんな感じになります。

日本語フォルダのJPEG登録
▲この通り、無事登録でき、普通に操作出来ます。
(でも一時的にフォルダ名を半角英数字に変更して操作した方が分かりやすいでしょう。)

ファイル名変換したいjpgファイルを一通り登録したら、「Next」をクリック。

リネーム規則
▲ファイル名の変換設定ダイアログが表示されます。
基本的に年、月、時、分、秒 の順にファイル名が付きます。
「Add original name at the end」や「Add name」にチェックを入れると、ファイル名の最後に好きな文字を入力できます。
やり直しが効くので、何度か試して分かりやすいファイル名を設定します。

ファイル名変更したデジカメ写真
▲ファイル名を変更した後のデジカメ写真。
ファイル名はこんな感じに変更されます。