「文字数サーチ」は、テキストの文字数やファイルサイズをカウントしてくれるフリーソフトです。

文字数サーチ起動画面
文字数サーチ起動画面
▲クリックで拡大

文字数制限のある文章を書く時や、文章量のおおよその目安を知りたい時などに利用すると大変便利です。

ツールの概要

公式サイト: 草むらの楼 ~自作フリーソフトのページ~
ダウンロード: 文字数サーチ (Vector)
ライセンス: フリーソフト
対応OS: Windows 7/Vista/XP
 ※ Windows 8.1/8でも作動することを確認

インストール方法

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、任意のフォルダに設置すればOK。
「MS.exe」をダブルクリックすれば、「文字数サーチ」が起動します。

※注意「MS.exe」と同じ階層に「ms.ini」ファイルが作成されるので、システムフォルダ内で利用するのはやめましょう。

文字数サーチの使い方

文字のカウントは、以下の方法に対応しています。

  • WebサイトやWordなどから コピー&ペースト
  • テキストファイルの ドラッグ&ドロップ
  • ツール上での直接入力

起動したツールのテキストボックスに文字が入力されると、ページ下部に文字数の合計が表示されます。

 

カウント方法

全ての文字数をカウントしてくれる他に、半角、全角、スペース、改行、タブなどの数も個別にカウントしてくれます。
半角全角などを別々にカウント
▲「文字数サーチ」の下段ボックス内に、各文字数が表示されます。

設定画面から、全文字数のカウント方法も自分の好みで指定可能です。
全文字数のカウント方法の設定
▲上記はデフォルトの状態です。

ちなみに、Web上のテキストなどをコピー&ペーストする際に画像が含まれていると、画像のaltタグ内のテキスト数もカウントします。

 

バックアップについて

「文字数サーチ」には、テキストのバックアップ機能が付いています。
MS.exeと同じ階層にあるbackupフォルダ内に、テキストがバックアップされて行きます。

backupフォルダ内に保存されるテキストファイルは、最大で10個までです。
初期設定では、5分おきにバックアップが生成されます。
※自分の好きなタイミングで保存できるワケではないので、「文字数サーチ」上でテキストを編集するのは控えた方が良いかと思われます。

このページの解説は以上です。