更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.03.22 04時: 21日以降に配信されたものは別ページに移動。

2017.03.22 03時: Windows7/8.1に品質ロールアップ(プレビュー)配信。
※Windows Update Clientの更新あり。
2017.03.21: Windows7 (KB4012215) の不具合追記
2017.03.21: KB4013429の問題を修正したKB4015438が配布された
2017.03.18: KB4013429 の不具合に追記。追加配信のKB3150513を 追記
2017.03.20: Kaby Lake や Bristol Ridge の件を追記
2017.03.15 15時:「今月分で発生する問題」追加
2017.03.15 04時: Windows10 2台目、3台目の更新メモを追加
2017.03.15 03時: 3月の月例配信分のメモを追加
2017.03.09: 初出


2017年3月分の Windows Update のメモページです。
個人的なメモや手元のPCの挙動の記録が中心です。

3月後半の配信分は別ページに移動しました

ページ内の情報量が増えたため、3月21日以降に配信されたパッチ情報は上記ページに移動させました

以下、3月15日、3月9日に配信された Windows Updateの情報およびその不具合情報です。

今月分で発生する問題・不具合など

Windows7 (KB4012215)

KB4012215 (セキュリティマンスリー品質ロールアップ ) を適用すると Microsoft Security Essentialsn で誤検出が発生するようになる模様です。

Windows10 (KB4013429)

KB4013429 は 色々と問題が発生する模様です。
※3月21日配布のKB4015438および3月23日公開のKB4016635で解消するものと思われます。
(3月21日以降の情報はこちら)


2017年3月の不具合情報はここまで。

以下、気になった情報や、各KBの情報、手元のPCをWindows Updateした際の挙動メモなど

3月20日追記: 追加配信あり

3月20日、手元のWindows10マシンに KB3150513が来た。


スポンサー リンク

3月18日追記:

Kaby Lake や Bristol Ridge など、最新のCPUを搭載した Windows7 / 8.1 マシンでは、今後は Windows Updateはできなくなるかもしれません。

ニッチなPCゲーマーの環境構築さん経由で知りました。

個人的予測

  • Microsoftのリンク先を読んでみると、Skaylakeの時のような「サポートしない」という表現ではなく「更新プログラムは利用できません」という表現になっているので、今回は本当にWindows Updateができない機種が出てくるんじゃないか、と思っています。
  • ただし、「スキャンまたはダウンロードできない可能性があります」という文章もあるので、全ての機種 (またはすべての更新プログラム) が対象になる、というワケでもなさそうで、Skaylakeの時と同様、実際に 次回以降 の Windows Update が配信されてみないとどうなるかは分からない・・・という状況だと思われます。

その他補足

  • 個人的にはSkaylakeの時の「サポートしない」は「Windows Updateは利用できるが問題が起きても修正対象にならない」という意味だと思っています。
  • 今回の場合、「該当CPUを搭載した Windows 7/8.1には、たとえセキュリティパッチであっても、(問題が発生する場合は) 更新プログラムを配信しない場合がある」という感じかなあ・・・・と勝手に予測しています。

3月15日配信分

7 / 8.1 各1台ずつ、10は3台更新終了。7と8.1はすんなりアップデートできた。10は 3台中2台でやや時間がかかった。いずれもまだインストールしただけ、という状態だけど、とりあえず 大きな問題はなさそう。

Windows 7

  • KB4013867
    Microsoft Silverlight のセキュリティ更新プログラム (12.6 MB)
    ※ファイル容量はいずれも64bit版のもの
  • KB4012215
    2017 年 3 月 Windows 7 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (145.6 MB)
  • KB890830
    悪意のあるソフトウェアの削除ツール (7.4 MB)
  • 更新時のメモ
    更新の確認は数分ほど。ダウンロード・インストールともに問題なく5分前後で更新終了。再起動あり。今のところ問題なし。

Windows 8.1

  • KB4012216
    Windows 8.1 向けセキュリティ マンスリー品質ロールアップ (194.9 MB)
    ※ファイル容量はいずれも64bit版のもの
  • KB890830
    Windows 8、8.1、10 用 Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール (7.4 MB)
  • KB4014329
    Windows 8.1 用 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム (20.5 MB)
  • 更新時のメモ
    更新の確認は数分ほど。ダウンロード・インストールともに問題なく5分前後で更新終了。再起動あり (2回再起動が必要だった)。今のところ問題なし。

Windows 10

  • KB4013429
    Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム
  • KB890830
    Windows 8、8.1、10 用 Windows 悪意のあるソフトウェア削除ツール
  • KB4013418
    Windows 10 Version 1607 用更新プログラム
  • KB4014329
    Windows 10 Version 1607 用 Adobe Flash Player のセキュリティ更新プログラム
  • 更新時のメモ
    ダウンロードとインストールは去年と比べるとかなり順調に終了。
    ダウンロードにかかった時間は約10分、インストールにかかった時間は約5分。再起動あり。再起動には時間がかかった。再起動後 問題なし。
    • 1台目・・・・
      更新後の再起動に時間がかかった。「更新プログラムを構成しています」の画面が出るまでに20分。途中ディスクアクセスがない状態が10分ほど続き、リセット押そうか迷った(押さなかった)。「更新プログラムを構成しています」の画面が出た後は問題なく更新が進み、無事終了。
    • 2台目(メインPC)・・・・
      ダウンロード10分、インストール5分、再起動4分、再起動後 問題なし。
    • 3台目・・・・
      ダウンロードに時間がかかる(30分かかった。8~12%と95%で5~10分ほど止まった。)インストール6~7分、再起動10分。 再起動後 問題なし。

月例配信分はここまで。
以下、3月上旬に配信された更新プログラムの情報。

3月9日

Windows 7 に KB2952664 が、
Windows 8.1 に KB2976978 が来た。
(※実際には 3月8日 に配信されていたらしい)

手元のPCの場合、Windows 7は再起動不要、Windows 8.1 は再起動が必要だった。

KB2952664 と KB2976978について

  • いずれもオプション配信。インストールする・しないは自由。
  • テレメトリ関連のパッチ。
  • PC内であれこれと評価プログラムを走らせて、その結果をMicrosoftに送信する。(Windowsの互換性を高めるためのもの、という事らしい)これらのKBは、過去に何度も再配信されている。
  • 過去に「非表示」の設定を行い、インストールしないようにしていても再配信される。
  • 既にインストールしてあるPC環境でも再配信される。
    (数か月更新していないPCの場合、同じKBが複数表示される場合もある?)

これらのKBを気持ち悪いと感じる場合は削除がおすすめです。
削除方法は ニッチなPCゲーマーの環境構築 さんが詳しいです。

ニッチさんの該当記事

3月8日 配信分の個人的なメモ

どうでも良いお話ですが
KB2976978
▲クリックで拡大
手元の1月末から更新していないWindows 8.1 PCの場合、2月分、3月分両方の KB2976978 が表示されました。

そしてこれらをインストールしてみると・・・・
KB2976978が二つ
▲クリックで拡大
KB2976978 は2つともインストールされました。
過去何度も再登場したり、アンインストールする場合は何度も繰り返し削除する必要があるKBである事を考えると、インストール時のこのおかしな挙動も仕様の範囲内なのかな?

現時点の情報は以上です。

サイト内関連ページ

過去の「月例別」Windows Update トラブル対処方法まとめページ