このページについて

Windows8.1に、メールアドレス不要なローカルアカウントを作成する手順の紹介です。

 プライバシーポリシー / 免責事項

2015.02.26:クリーンインストールする場合の手順を追記

Windows8.1にローカルアカウントを作成する手順の紹介です。

ローカルアカウントの特徴および注意事項

色々不便になりますが、常にMicrosoft アカウントにサインインしているのが気持ち悪い、ユーザー情報が外部で管理されるのは嫌・・・と感じる場合はローカルアカウントを作成してみましょう。

OSをクリーンインストールする場合

インターネットに接続しない状態 (LANケーブルを抜いた状態) でOSインストールを行えば、ローカルアカウントの作成が可能です。
(逆にMicrosoftアカウントでユーザーアカウントを作成したい場合は、OSセットアップ時にインターネット接続が必要になります。)

OSのインストールをやりなおさない場合

OSのインストールをやりなおさない場合、以下の手順を行います。

作成手順

コントロールパネルの「ユーザーアカウント」にアクセスする
コントロールパネル
▲クリックで拡大

「別のアカウントの管理」を選択。
別のアカウントの管理
▲クリックで拡大

「PC設定で新しいユーザーを追加」を選択
「PC設定で新しいユーザーを追加」を選択
▲クリックで拡大

ここで、画面はモダンUIの「PC設定」に切り替わります。

スポンサー リンク

「PC設定」のアカウント管理画面
アカウントを追加する
▲クリックで拡大
「アカウントを追加する」を選択。

参考: Windows7の場合

Windows7の場合
▲クリックで拡大
Windows7の場合、ここでユーザー名の登録とアカウントの種類の選択が可能です。「アカウントの作成」ボタンでアカウントを作成すればOKです。

画面下段の「Microsoftアカウントを使わずにサインインする」を選択
Microsoftアカウントを使わずにサインインする
▲クリックで拡大

「ローカルアカウント」を選択
「ローカルアカウント」を選択
▲クリックで拡大

ユーザー名やパスワードを設定して「次へ」を選択
ユーザー名やパスワードを設定
▲クリックで拡大

「完了」をクリックするとアカウントの作成が終了します
アカウントの作成が終了
▲クリックで拡大
通常のアカウントとして利用する場合は、これで手順終了です。
管理者権限を持たせたい場合は、さらに操作を進めます。

アカウントに管理者権限を与える

アカウントに管理者権限を与えたい場合は、更に以下の手順を行います。

アカウントの管理画面に戻り、作成したアカウントをクリックします。
作成したアカウントをクリック
▲クリックで拡大

「編集」ボタンをクリックします。
「編集」ボタンをクリック
▲クリックで拡大

「アカウントの種類」から、「管理者」を選択しOKをクリックします。
「管理者」を選択
▲クリックで拡大

以上の手順で管理者権限を持ったローカルアカウントが作成され、次回のWindowsサインインから、起動画面に新しいアカウントが登場するようになります。

アカウントの削除方法

不要になったアカウントは、以下の手順で削除します。
先ほどの「アカウントの管理画面」で「削除」を選択すればOKです。
「管理者」を選択
▲クリックで拡大

「アカウントとデータの削除」をクリックすると、該当アカウントは削除されます。
「管理者」を選択
▲クリックで拡大

以上でこのページの解説を終わります。