ちょっと駄文更新です。
ブルーレイを焼いていたらスゲー久しぶりにVerifyエラーがでたのでスクリーンショットを撮っておく事にしました。

エラーメッセージ
ImgburnのVerifyエラーその1
▲クリックで拡大

エラーメッセージの表記
Miscompare at LBA: 563367, Offset: 2, File: \BDMV\STREAM\00001.m2ts
Device: 0x35
Image File: 0x3D
Total Errors in Sector: 1
Would you like to continue verifying the remainder of the disc?

 

エラー発生時のImgburnのスクリーンショット
Imgburnのスクリーンショット
▲クリックで拡大

最終的にはこんな感じに
最終的にはこんな感じ
▲クリックで拡大

ちなみにこのBD-R、PCでも家庭用デッキでも普通に再生できた。
エラー自体が大したものでは無かったのか、ブルーレイディスクの冗長性が凄いのかよく分からないけど、多少のエラーでも大丈夫なものなのだなあ・・・と感心した。

エラーの原因について

かなり昔(恐らく4~5年前)に購入したBD-Rの余りを使って焼いたからかも。
保存状態もあまり良くなかった。

個人的メモ

  • 大量にDVD-R/BD-Rを焼く時は、ベリファイは3~4枚に1回で十分。
    • メディアのロットにより、品質にバラツキがあるので注意
    • メディアとドライブの相性もあるので注意
  • 書き込み速度はMAXで問題ない
    • ただし、ドライブ・メディア共に高速書き込みに対応している場合のお話。
    • 16倍速メディアの場合、8倍速あたりが一番データ品質が良い
      (16倍速で焼いても問題ない)
    • 友人・知人に大量配布する場合は注意
      (DVDやブルーレイのデッキが古い場合、高速対応メディアのデータ読み取りに問題が発生する場合がある)
    • 参考リンク
      高速記録対応DVDディスクをご購入のお客様へ:TDK
      ※ファイナライズ処理されたDiscであれば、(16倍速で記録したデディアでも)古いDVDデッキでの再生も問題なさそう。

さらにメモ

難解だけど役に立ちそうなリンクを見つけたので貼っておく。
BD-RとBD-REどっちが信頼性が高い? - ひまひな