ニュース的に扱うにはちょっと古い(7/20公開)情報になるけど、気になったのでメモ。

紹介リンク先
Microsoft調査資料に見る、CPUオーバークロックのクラッシュ率 - TechTarget
▲会員登録(無料)しないと、全文読めないので注意

リンク先の記事は「Intel/AMD製CPUのオーバークロック時のクラッシュ率比較」がメインとなった情報になっています。しかし、それ以外にも非オーバークロック時 / メーカー製PC / ショップブランドPC / 自作PC などを比較した数値も掲載されていて、これがまた結構面白いです。

気になった所だけを箇条書きで紹介

メーカー別のCPUオーバークロック時のクラッシュ率比較については割愛。
それ以外で気になった部分を抜粋。

  • 一度クラッシュしたPCは再びそのPCがクラッシュする確率は100倍になる。
  • PCを5日間連続で稼動した場合、クラッシュする確率は330台に1台
  • 連続稼働時間が30日間になると190台に1台の割合でクラッシュ
  • 30日間の連続使用後にクラッシュする確率
      ・メーカー製PC・・・・120台に1台
      ・ショップブランドPC・自作PCの場合・・・93台に1台
  • オーバークロックありで5日間の連続使用後、チップに障害が発生する確率
      ・A社 オーバークロックなしの場合の19倍/21台に1台
      ・B社 オーバークロックなしの場合の4.5倍/86台に1台
  • オーバークロックありの場合のクラッシュ発生率
      ・A社 400台に1台の割合
      ・B社 390台に1台の割合
    (A社・B社、どちらかがIntelでもう一方がAMD)
      

この記事を読んだ感想など

  • 「一度クラッシュしたPCは再びそのPCがクラッシュする確率は100倍」とか、なんだよそれww
     ・これってクラッシュ後に原因を取り除かなかった場合の話でしょ?
     ・私は過去購入したデスクトップPC全てで、
      購入初日に無茶さしてクラッシュさせてる。ダメなんかこれ?
  • メーカー製PCでも30日間連続で実行した場合のクラッシュする確率1/120台、BTO・自作PCの場合 1/93台
     ・殆ど違いが無いなあ。。。
     ・やっぱ私はBTOや自作PCの方が良いわ。
  • オーバークロック時の「クラッシュ発生率」と「チップに障害が発生する確率」の差が想像以上にデカい事に愕然・・・。
    オーバークロックしたPCの場合、どこかに障害を抱えつつも、クラッシュ発生しない状態になっている可能性は結構あるのね。。。

 

やっぱOCしたPCを使っている場合は、異常を感じた場合は即メンテですね(^_^;