このページについて

Windows7のWindows Updateが終わらない、遅い、進まない問題の解決方法に過去に掲載していた内容です。資料として残しています。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Windows7のWindows Updateが終わらない、遅い、進まない問題の解決方法に過去に掲載していた内容です。資料として残しています。
冒頭の臨時追記部分は除外して掲載しています。

2015.09.11~2016.02.24掲載分

Windows Updateが遅い、進まない、終わらない、失敗する問題の原因や解決方法を紹介したページです。

はじめに

このページでは、一般的な解決方法を記載しています。
月別に発生するイレギュラーなトラブルには、対応できない場合があります。

Windows Update エージェントの更新

WindowsのUpdateエージェントは、定期的に更新されています。
Windows7 SP1をインストールした直後や、半年~1年くらいWindows Updateを行っていないPCの場合、Windows Update エージェントが古いため、更新の確認にとても長い時間がかかります。

以下サイトにてWindows 8.1/7 用のUpdate エージェントとシステム更新準備ツールを入手できます。
Windows Update エージェントを最新バージョンに更新する方法
システム更新準備ツール

解決できない問題 (現在のWindows7の仕様)

「Windows Updateが進まない問題」の多くは、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」がPCをスキャンしているために発生しています。

恐らく Windowsのシステムファイル全てをチェックしているため、かなりの長時間、Windows Updateが進まないように見えます。
大抵のPCの場合、この状態は15分~30分続きます。

Cドライブが(SSDではなく)HDDで、かつ断片化が酷かったり、空き容量が少ない場合は、恐らくこの2~3倍の時間がかかります。

スポンサー リンク

トラブルの予防策

  1. Cドライブの空き容量を増やしておく。使わないアプリなどは削除しておく。HDDの場合、きちんとデフラグしておく。
  2. Windows Updateの直前にPC再起動する。
    (重要なファイルやサービスがシステムによって使用されていると、Windows Updateが進まない場合がある)
  3. Windows Update中はPC操作を行わない。
    Windows Updateを途中でキャンセルしない。
  4. Windows updateが失敗をくりかえす時の一般的な対処方法
    ▲このページで紹介している「セキュリティとメンテナンス」内の「トラブルシューティング」を実行する。
  5. Windows updateのコンポーネントリセットツールを試す
    ▲このページで紹介しているWindows Update のコンポーネント リセットツールを実行する。
    • 注)Windowsのライセンス認証が一時的に外れる場合があります。Windows Updateの設定を「推奨」にして更新を行えば、再び認証されます。
  6. Windows Updateの状態を「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」に戻す
  7. Windowsをクリーンブートした状態でWindows Updateを行う。

トラブルの緩和策

根本的な解決策ではありませんが、Windows Updateにかかる時間をかなり短縮できます。(1.~2.、どちらか一方でOK。1.の方が効果的)

  1. Windows Updateの間だけ、セキュリティソフトを一旦停止してみましょう
  2. 以下ページで紹介している施策をほどこす。

(追記)Microsoftが推奨する手順

Windows Updateが進まなくなる原因

Windows Updateのデーターベースやコンポーネントに異常が発生している可能性が高いです。
これは、以下のような操作でも発生します。

  1. Windows Updateを途中でキャンセルした場合。
  2. Windows Update後の再起動中にPCを強制終了した場合
  3. 稀な例ですが、Windows Update中に(Webブラウジングなど)別の操作を行った場合にも、問題が発生する可能性があります。

メモリ管理の修正や、svchost.exe の挙動制御に関する更新パッチが含まれる場合や、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」が実行されている間に上記を行うと、問題発生しやすいかも?

Windows Updateがなかなか終わらないから・・・会社・学校に行く時間だから・・・もう寝る時間だから・・・などの理由でも、Windows Updateを途中でキャンセルするのは止めましょう('Α`)

具体例: 2015年9月のWindows Updateでの問題

※私の場合の一例
Windows Updateがなかなか始まらなかったため、強制的にキャンセルしたのが原因の模様。更新後の再起動が先に進まなくなりました。
※2015年9月のWindows Updateは、(Windows7の場合)とても時間がかかる。

これは、PCを強制終了した後、このページ下段の「エラーの解決方法」で紹介した方法で解決できました。
※強制終了すると、リカバリーディスクからシステムを復元する必要がでる場合があります。自己責任で行ってください。

問題発生後の状況を確認する方法

  1. Microsoftの「BITS トラブルシューティング ツール」を試してみる。
    ダウンロードリンク(直リン)
     BITS トラブルシューティング ツール
  2. 「BITS トラブルシューティング ツール」実行例
    BITS トラブルシューティング ツール
    ▲クリックで拡大
    • 画像内のエラーメッセージ例
      「Service Registration is Missing or Corrupt 」
      意訳「サービスの登録が見つからないか壊れています。」
    • このツールの実行だけで解決できる場合もありますが、上記のようにエラーメッセージが出るだけの場合もあります。
    • ここで問題が表示されない場合は、Windows Updateが進まない原因のほとんどは「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」のPCスキャンです。
      • この場合は、PCのメンテを行うか、気長に更新が終わるのを待ってみましょう。

エラーの解決方法

上記「BITS トラブルシューティングツール」で問題が発見された場合でも、大抵の場合は以下「1.~2.」のどちらかを取れば解決します。

  1. Windows updateのコンポーネントリセットツールを試す
    ▲このページで紹介しているWindows Update のコンポーネントをリセットツールを実行する。
    • 実行例
      コンポーネントをリセットツール
      ▲クリックで拡大
      上記くらいのエラーメッセージは気にしなくても大丈夫な場合が多いです。
    • PC再起動してWindows Updateしてみましょう。
  2. 以下のコマンドを管理者権限のコマンドプロンプトで行う(もしくはバッチを組んで実行する)
    • net stop wuauserv
      net stop cryptSvc
      net stop bits
      net stop msiserver
      ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
      ren C:\Windows\System32\catroot2 catroot2.old
      net start msiserver
      net start bits
      net start cryptSvc
      net start wuauserv
      ※コマンド実行後、5~10分待ってからWindows Updateを行う。
       いずれの場合も、PC再起動の前にWindows Updateを行う。
    • このコマンドの詳細は以下
      調子が悪くなった Windows Update を コマンドプロンプト で修正する方法
  3. 注意:上記「1.~2.」を行うと、Windowsのライセンス認証が一時的に外れる場合があります。Windows Updateの設定を「推奨」にして更新を行えば、再び認証されます。
    また、Windows Updateの更新の履歴は全てクリアされます。

 

ドツボにハマった時のTips

更新後のPC再起動が1~2時間経っても終了しない場合などに、再起動中に強制的に電源断を行うと、PC内にWindows Updateのゴミが残ってしまい、その後正常なWindows Updateができなくなる症状が発生します。

そのような場合は、以下「1.~3.」いずれかの方法を試します。

  1. Windows update後に起動しない、再起動ループする時の対処方法(Windows7/Vistaで深刻な場合)
    Windows update後に起動しない、再起動ループする時の対処方法(Windows 10/8.1で深刻な場合)
    ▲これらのページで紹介している「%systemRoot%\WinSxS\Pending.xml」の削除を試す。
  2. Windows updateのコンポーネントリセットツールを試す
    ▲このページで紹介しているWindows Update のコンポーネントリセットツールを試す
  3. 修復Discなどから起動して、Windows の復元を使い、Windows Update前の状態に戻し、このページ冒頭の「予防策」を行った後にWindows Updateを行う

 

2016.02.25~2016.10.08掲載分

Windows Updateが遅い、進まない、終わらない、失敗する問題の原因や解決方法を紹介したページです。

はじめに

Windows Updateが遅い、進まない、終わらない問題は、現在
 ・たまにしか使わないPCの問題
 ・正常なPCでも発生する問題
 ・せっかちな使い方をしていると発生する問題
 ・PCの調子が悪くなったために発生する問題

の四つが混在しています。

このページでは、一般的な解決方法を記載しています。
月別に発生するイレギュラーなトラブルには、対応できない場合があります。

この問題の根本的な原因と解決方法

解決方法
Windows Update Client の最新版をインストールする。
Windows Update Client は毎月更新されるので、週に1度はWindows Updateするよう心掛ける。

原因

Windows Update Client の最新版

2017年5月17日時点、Windows Update Client の最新版は KB4019265 に含まれています。
※2017年6月、この問題は解消しました。特定KBの先入れは不要です。
Windows7 SP1が正常な場合、この修正プログラムで直ります。
※2~3か月古いバージョンを入れてもあまり意味はない。古いバージョン入れるくらいなら、素直に60~80分待った方が良い。

Windows Update Clientを更新したくない場合

テレメトリ関連やWindows10関連の更新をインストールしたくない場合は、ニッチなPCゲーマーの環境構築さんのWindowsUpdateで入れなくても良いKBリストを参考に、2015年4月以降の Windows Update Client関連とWindows 10関連の更新を全部削除してみましょう。

Windows Updateを数ヶ月分ためる、更新プログラムを中途半端に非表示にする、 Windows Update Clientが中途半端に古い、などの条件が一定数そろうと、更新の確認に時間がかかるようになる模様です。
サイト内検証ページ: 古いWindows Update Client でWindows Updateをしてみるテスト

たまにしか使わないPCの問題

少なくとも1か月に1度、できれば1週間に1度はWindows Updateしましょう。

  • Windows Update Clientは、毎月1週目頃にWindows Updateで配信されます。
  • Windows Update Clientの更新が1か月分遅れると「更新プログラムの確認」には20~30分かかります。
  • 3~4か月溜めると、「更新プログラムの確認」には60~80分かかる場合もあります。
  • 3~4か月溜めた場合やクリーンインストール直後の場合
    • IE11
    •  Internet Explorerの累積的なセキュリティ更新プログラム
      (2016年6月時点では KB3160005
    • この2点を先に手動でダウンロード・インストールするのも効果的です。
      (この時 Windows Update Client の最新版も手動インストールする)

正常なPCでも発生する問題

Windows自体が正常でも、2016年2月時点では以下の時間がかかります。

Windows7 SP1 クリーンインストール直後
・・・・「更新プログラムの確認」には60~80分かかります。

HotFix DVDで更新プログラムを適用した場合(SP+メーカーなどを利用した場合)
・・・・「更新プログラムの確認」には2~3時間かかります。

Windows7無印 をこのページのKB976932 で SP1へアップデートした場合
・・・・「更新プログラムの確認」には2~3時間かかります。

  • いずれの場合も、「更新プログラムの確認」を押す、または「Windows Updateの設定」を「推奨」にして、数時間放置しておけば大丈夫です。
  • また、前述の Windows Update Client を適用すれば、3~10分で更新プログラムの取得が可能な状態になります。

せっかちな使い方をしている場合

問題が二つあります

  1. Windows Updateの実行方法
    以下のような問題が発生しやすくなっています。
    • Windows Update中に別の作業をしていると、メモリが不足したり断片化が発生したりして、正常に作動しない場合があります。
    • PC起動直後にWindows Updateを開始すると、Windows Updateが正常に開始されていない場合があります。
    • Windows Updateは、PCを再起動してから3~5分後にスタート実行しましょう。
  2. Windows Updateを実行した後
    Windows Updateが終了した後も、PC内ではしばらくの間(インストールした更新プログラムを整理するための) タスクが実行されています。
    • 何もしていないのに CPU負荷が25~100%の状態が続いている場合が、この状態に相当します。
    • この処理が終了するまでは、PCを放置しましょう。
    • サイト内関連情報: マウスがカクカクするくらい重くなったWindowsを 元の軽さにもどす方法
    • この時、スタートボタンの電源に「!」が付いていなか確認しましょう。
      Windows Updateの設定
      ▲クリックで拡大
      「!」があった場合、必ずシャットダウンしましょう。
    • Windows Updateのタスクが正常に終了していない場合、その後のアップデートで問題が発生しやすくなります。

PCの調子が悪くなったために発生する問題 (その1)

症状が軽い場合の対処方法。
Windows7 SP1では、過去の更新プログラムが増えすぎたため、Windows Updateの際に大量のメモリが必要になっています。

  • 2015年4月~8月のような、酷い状況は解消されています。
  • 32Bit版 Windows7はメモリ1GB以上
    64bit版 Windows7はメモリ2GB以上あれば、
    Windows Update可能です。
  • ただし、ページファイルをメモリの1.5倍程度は確保しておく必要があります。
  • メインメモリが断片化しているだけでもWindows Updateが正常に行われない場合があります。
    • PCを再起動し、5分放置してからWindows Updateしましょう。
    • それでもエラーが出る場合は、クリーンブートしてみましょう。

PCの調子が悪くなったために発生する問題 (その2)

症状がやや重い場合の対処方法。
Windows Updateのコンポーネントが正しく整理されていなかったり、壊れている場合も、「更新プログラムの確認」が終わらなくなります。

以下の手順でコンポーネントのリセットを行う事が出来ます。
(以下が難しい場合はこのページの手順を行う)

  • 以下のコマンドを管理者権限のコマンドプロンプトで行う(もしくはバッチを組んで実行する)
    • net stop wuauserv
      net stop cryptSvc
      net stop bits
      net stop msiserver
      ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
      ren %systemroot%\System32\catroot2 catroot2.old
      del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat"
      del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat"
      net start msiserver
      net start bits
      net start cryptSvc
      net start wuauserv
       重要: コマンド実行後、5~10分待ってからWindows Updateを行う。
    • 正常にWindows Updateが出来たら、以下のバックアップフォルダは削除する
       ・C:\Windows\SoftwareDistribution.old
       ・C:\Windows\System32\catroot2.old

       ※以下は削除用バッチ
      net stop wuauserv
      net stop cryptSvc
      net stop bits
      net stop msiserver
      rmdir %systemroot%\softwaredistribution.old /q /s
      rmdir %systemroot%\System32\catroot2.old /q /s
      net start msiserver
      net start bits
      net start cryptSvc
      net start wuauserv
       ※コマンド実行後はPCを再起動する。
  • 注意:上記を行った後は、必ずWindows Updateを行いましょう。
    • Windows Update Client が古い場合「更新プログラムの確認」には60~80分かかります。
    • Windows Updateの更新の履歴は全てクリアされます。
    • Windowsのライセンス認証が一時的に外れる場合があります。
      Windows Updateの設定を「推奨」にして更新を行えば、再び認証されます。

 

裏技!? (2016.05.28追記)

情報いただきました。
「サービス」を起動し、「WindowsUpdate」を右クリックし「再起動」を選択すると、更新の確認が素早く終了されるケースもあるようです。
(※手元のPCでは効果は未確認。6月以降に確認)

「サービス」を起動する方法
「サービス」を起動
▲クリックで拡大

「WindowsUpdate」を右クリックし「再起動」を選択
「WindowsUpdate」を右クリックし「再起動」を選択
▲クリックで拡大
再起動後、3~5分ほど待ってからWindows Updateの更新確認を行ってみましょう。

Windows Updateが進まなくなる、その他の原因

PCの放置またはWindows Update Client の更新で問題が解消しない場合は、Windows Updateのデーターベースやコンポーネントに異常が発生している可能性が高いです。
これは、以下のような操作でも発生します。

  1. Windows Updateを途中でキャンセルした場合。
  2. Windows Update後の再起動中にPCを強制終了した場合
  3. ※以下も稀に発生する
    Windows Update中に(Webブラウジングなど)別の操作を行った場合
    (メモリ不足やメモリの断片化が発生する)

メモリ管理の修正や、svchost.exe の挙動制御に関する更新パッチが含まれる場合や、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」が実行されている間に上記を行うと、問題発生しやすいかも?

Windows Updateがなかなか終わらないから・・・会社・学校に行く時間だから・・・もう寝る時間だから・・・などの理由でも、Windows Updateを途中でキャンセルするのは止めましょう。

「更新プログラムの確認」はキャンセルしても大丈夫か?

手元のPCで5~6回確認してみた限りでは、
「更新プログラムの確認」はキャンセルしても大丈夫。
「更新プログラムの確認」
▲クリックで拡大
この画面が表示されている時は、PCの再起動やシャットダウンを行っても問題は出なかった。

  • ただし、PCの再起動やシャットダウンを行うと「更新プログラムの確認」は最初からやり直しとなる。
    ※つまり「更新の確認」に80分必要なPCで「70分待った後にPC再起動」すると、次回の「更新の確認」は10分ではなく80分かかる。

トラブルの予防策

  1. Windows Updateの設定は「推奨」にしておく
    または週1回はWindows Updateを行う。
  2. sfc /scannow の実行
  3. Windows 8.1の場合
    Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
    Dism /Online /Cleanup-Image /Restorehealth
    も実行する。
  4. Cドライブの空き容量を増やしておく。使わないアプリなどは削除しておく。HDDの場合、きちんとデフラグしておく。
  5. Windows Updateの直前にPC再起動する。
    (重要なファイルやサービスがシステムによって使用されていると、Windows Updateが進まない場合がある)
  6. Windows Update中はPC操作を行わない。
    Windows Updateを途中でキャンセルしない。
  7. Windows updateができない・失敗をくりかえす時の一般的な対処方法
    ▲このページで紹介している「セキュリティとメンテナンス」内の「トラブルシューティング」を実行する。
  8. Windows updateのコンポーネントリセットツールを試す
    ▲このページで紹介しているWindows Update のコンポーネント リセットツールを実行する。
    • 注)Windowsのライセンス認証が一時的に外れる場合があります。Windows Updateの設定を「推奨」にして更新を行えば、再び認証されます。
  9. Windows Updateの状態を「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」に戻す
  10. Windowsをクリーンブートした状態でWindows Updateを行う。

トラブルの緩和策

根本的な解決策ではありませんが、Windows Updateにかかる時間をかなり短縮できます。

  1. Windows Updateの間だけ、セキュリティソフトを一旦停止してみる。
  2. 以下ページで紹介している施策をほどこす。
  3. ディスククリーンアップを行う。

 

その他の手順

以下はMicrosoftが推奨する手順

ページ前半の
「ディスククリーンアップ」
「Windows Update Client 」の更新

これら全てを行っても効果が無かった場合の手順。

  • Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2 で更新プログラムをインストールできない
    • 公開日は 2014年6月 と少々古いですが、2015年9月に発生している問題も、上記で解消可能です。
      • リンク先の手順
        ・PCの再起動
        ・システム更新準備ツール(Checksur.exe) を実行
        ・sfc /scannow の実行
        ・Catroot2 フォルダーのコンテンツをリセット
        ・誤ったレジストリ値の削除
        ・Windows Update ファイルの修復
        ウイルス対策ソフトの設定見直し
        ・SoftwareDistribution フォルダーの名前変更
        ・現在のジョブの BITS キュークリア
        ・更新プログラム958056の手動インストール
        ・Pending.xml の名前変更
        Windows パーティションに対して Chkdsk を実行
        上から順に試す。7~8個試したあたりで大抵は直る。
    • 上リンクは かなり分かりやすく書いてあるので、このページ内で改めて手順解説は行いません。
  • 2016.01.26追記分
    Windows Update クライアントの情報をクリアにする手順 - Japan WSUS Support Team Blog - Site Home - TechNet Blogs
    • 公開日は2014年12月とこちらも少々古いですが、2015年9月以降に発生している問題も、上記で解消可能な模様。
      (手元のPC環境では、効果確認はこれから)
      • リンク先の手順
        ・自動更新サービスと BITS サービスの停止
        ・SoftwareDistribution フォルダーのリネーム
        ・BITS のジョブを削除
        ・自動更新サービスと BITS サービスの開始
        ・更新プログラム検出の確認
      • このサイト内で抜け落ちていた手順
        「del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat"」
        「del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat"」
        「wuauclt /resetauthorization /detectnow」

        など。これが効果的なPC環境もある模様。

 

ドツボにハマった時のTips

更新後のPC再起動が1~2時間経っても終了しない場合などに、再起動中に強制的に電源断を行うと、PC内にWindows Updateのゴミが残ってしまい、その後正常なWindows Updateができなくなる症状が発生します。

そのような場合は、以下「1.~3.」いずれかの方法を試します。

  1. Windows update後に起動しない、再起動ループする時の対処方法(Windows7/Vistaで深刻な場合)
    Windows update後に起動しない、再起動ループする時の対処方法(Windows 10/8.1で深刻な場合)
    ▲これらのページで紹介している「%systemRoot%\WinSxS\Pending.xml」の削除を試す。
  2. Windows updateのコンポーネントリセットツールを試す
    ▲このページで紹介しているWindows Update のコンポーネントリセットツールを試す
  3. 修復Discなどから起動して、Windows の復元を使い、Windows Update前の状態に戻し、このページ冒頭の「予防策」を行った後にWindows Updateを行う

 

このページの情報は以上です。以下はおまけ。

過去にこのページに記載していた「効果のなかった」情報

以下は2015年9月~2016年2月に掲載していた情報のうち、特に意味がなかったもの。

 

サイト内 関連ページ

 ・Windows Updateの失敗・トラブル・エラー「回避」方法まとめ
 ・Windows7のWindows Updateが終わらない、遅い、進まない問題の解決方法 (このページ)
 ・Windows updateができない・失敗をくりかえす時の一般的な対処方法
   ・OSが起動しないなど 深刻な場合 (Windows7/Vista)
   ・OS が起動しないなど 深刻な場合 (Windows 10/8.1)
 ・Windows updateのコンポーネントリセットツールを試す
 ・Windowsがインストールされているドライブが、ロックされている場合