このページについて

XPモードがインストールしてあれば、過去VirtualPCで作成したWindows2000,98の仮想ディスクからOS起動する事も可能です。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Windows7にXPモードがインストールされていれば、VirtualPC2004、2007で作成した Windows98や2000の仮想PCもそのまま利用できるようです。

XPモードがベータ版の頃はエラーが出て起動すらままなりませんでしたが、
RC版のXPモードは過去VirtualPC2004で作成した仮想PCがキチンと起動してくれます。このまま進化してXPモードとVirtual PC2007が統合したような形になると嬉しいです。

Windows98
▲XPモードでWindows98を起動成功

Windows2000
▲XPモードでWindows2000を起動成功

2000・98共に、環境変更しないなら十分利用可能

どちらも以前作成した仮想PCファイル(.vmcファイル)をダブルクリックする事により起動します。

仮想PC起動方法
▲仮想PCファイルを直接ダブルクリックする事でXPモードの仮想環境で起動。

残念ながら仮想PCの設定(メモリ使用量変更・仮想HDDファイルの変更、統合機能ON/OFF)等々は変更することは出来ません。
USB機器の認識も本来のXPモードより格段に落ちます。というか変な挙動をします。
(USBの接続を認識するけど、ドライバを見つけてくれない)

でも、以前作成した仮想環境がそのまま利用できるので、再度仮想環境を構築する必要は無いので個人的には便利でした。

スポンサー リンク

注意点

正規にサポートする使い方ではないので、何があっても泣かない事。
時々エラーが発生します。

現状:

  • 仮想Windows98はギリギリ使えるレベル。注意事項満載。
    • 一応注意として、私が所有しているのは98SEではなく初期のWin98.
    • 当環境ではネット接続が出来なくなっている
      (98でネット接続は危険なのでやらない方が良い)
    • ネット接続を試みた後はエクスプローラーがエラー連発するようになり、利用に耐えられない状態になる。
    • 仮想PCを終了する際は、仮想PC内のスタートボタンよりシャットダウンを行うのが必須。
    • XPモード自体の終了メニューから終了すると次回起動時にディスクスキャンがかかり、最悪セーフモードでの起動になる。
    • 安定作動時の操作感覚はVirtualPC2004時代よりなんだか良好。
  • 仮想Windows2000マシンはVirtualPC2004で利用していた時と同等に作動している。
    • 一応シャットダウンは仮想PC内のスタートボタンから行うのがお勧め。
      XPモードの終了メニューから終了すると次回起動時にRuntimeエラーが発生する場合があるが、毎回ではないので謎。
    • VirtualPC2004時代は画面の色16bitが最も高速&安定していたが
      XPモードで利用する場合は画面の色32bitの方が高速&安定。

あとがき

私の場合は仮想Windows2000上にT98-NEXT、3mode FD Drivers等々をインストールし、PO-9801をエミュレート出来る環境と一太郎Ver3の文書データが大量に眠っています。
これらをいつでも呼び出せる環境を構築しておきたかったので、XPモードで過去の仮想PCが利用できるってのが分かっただけでも万々歳です。
(VirtualPCを複数インストールするのも面倒だしね(^_^;

 

MSが従来から提供しているVirtualPCと異なり、XPモードは気軽に仮想PCの追加や削除が行えません。やり方はあるのだろうけど、現在の所発見できず。

virtual pc
▲VirtualPCのコンソール画面
これがXPモードには搭載されていないっぽい?
画面はVirtualPC2004のもの。

XPモードの設定
▲この画面の使い勝手がVirtualPC2004~2007並みに良くなると良いんだけどなあ。。。
知っている人いたら教えてください(^_^;

6時間後追記

XPモードでWindows98、2000起動の件ですが、、、
VMCXファイル自動生成
▲一度起動すると仮想マシンフォルダ内に.vmcxファイルが生成されていました。
このファイル右クリックから各VirtualPCの設定変更可能です。

VirtualPCの設定画面
▲Virtual PC2004、2007などで作成したWindows98、2000などの仮想HDDもXPモード用VirtualPCからご覧のとおり設定画面の呼び出し成功。