このページについて

AMDのビデオカードドライバ「Catalyst 15.7」は、あまり出来がよくないです。すぐに最新版の15.7.1 へアップグレードするか、または、古いドライバを適用するようにしましょう。

 プライバシーポリシー / 免責事項

表題の通りです。
2015年7月初旬にリリースされた Windows7/8.1用の AMDビデオカードドライバ「Catalyst 15.7」は、あまり出来がよくない模様です。
7月29日にリリースされた 15.7.1 へアップグレードするか、または、古いドライバを適用するようにしましょう。

 AMDのドライバー&サポートページ

Catalyst 15.7を使うの注意事項

何らかの理由で、ドライバをすぐに変更出来ない場合は、以下に注意して利用しましょう。

以下の症状に注意
  1. 突然 エアロが無効になった
  2. 「ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復」 や、
    「ディスプレイドライバが応答を停止しましたが、正常に回復しました」
    などのメッセージが出た
  3. 負荷のかかる作業はしていないのに、PCのファンが突然フル回転を始めた

「1.~3.」どの症状が出た場合でも、直ちに作業中のファイルを保存し、PCを再起動させましょう。ビデオカードが暴走し、フル稼働している恐れがあります。

そのまま放置していると、ブルースクリーンエラーが発生し、電源・マザー・ビデオカードに重大なダメージが加わる恐れがあります。。

おことわり
上項で説明した、緑文字で書いた症状3点は、Catalyst 15.7を導入して以降、私のPCで週1ペースで発生する異常現象です。
全てのPCで発生するものではないかもしれません。

補足

私のPCは、Catalyst 14.9を導入した際にもGPUのクロックダウンが作動しないトラブルに見舞われています。
(今回はクロックダウンが作動しないだけでなく、GPUがフル稼働しっ放しになり、さらに重症)

余談

最新の Catalyst 15.7.1 には、Windows10版あり。

その他

この問題は あまり話題となっていない事から、一部のPCのみ発生するものかもしれません。

しかし、Catalyst 15.7ではベンチマークのスコアが上がらない、GPUのクロックアップやクロックダウンが正常に行われない、等の報告はそれなりに上がっていますので、RadeonユーザーはCatalyst 15.7.1以降、またはCatalyst Omega(14.XX)以前を利用するようにしましょう。

今回の更新は以上です。