最近になって再びIE8が頻繁にフリーズしたり強制終了するようになったので、その原因をいろいろと探ってみました。

基本的にWindows、IEアドオン、各種Webツール等々を常に最新版で利用していれば問題は発生しないようです。
しかし、さすがにこれだけ原因があると潰しきれない&後からどんどん別の不具合が発生して、本当に何が何だか解らなくなって、原因特定できません。

いまさら情報が多めですが、IE8のフリーズにお悩みの方は是非お読み下さい。

※冒頭で紹介していた 2011年3月2日および2014年10月3日の臨時追記は (一時的な問題かつ解消したため) 削除しました。

IE8の保護モードが過剰

IE8はセキュリティ的には本当に優秀だが、ごく一般的なサイトでも反応するから困る。
silverlight
▲クリックで拡大
特定のSilverlightの埋め込みコンテンツがあると、Yahooニュースを閲覧するだけでも簡単にIE8はフリーズする。

この場合はIE8の保護モードを無効にするだけでフリーズしなくなる。
保護モードを無効
▲クリックで拡大
ツールバー≫「ツール」≫「インターネットオプション」≫「セキュリティ」の「保護モードを有効にする」のオプションをオフにする。

大抵の場合はこれで解決するが、IE8の最大のウリである安全性は、他のブラウザと同じレベルまで落ちてしまうので注意。

埋め込みオブジェクト・ActiveX

Windows Vistaで、Windows MediaPlayerのオブジェクトが埋め込まれたWebページを表示し、数回再読込みを実行するとクラッシュする可能性がある。
http://support.microsoft.com/kb/957301/ja
Windows7でも起きる気がする。

「詳細設定」の「オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする*」のチェックを外さないとActiveXが正常にインストール出来ない場合がある
http://www.fwnet.jp/~kabu/archives/723
この方法はセキュリティ的に危険なので、普段はチェックを入れておく。
IE8では、「セキュリティ」の「保護モード有効」をオフにする又はUACを無効にしないと、この項目は無効に出来ない。

スポンサー リンク

サードパーティのツールバー

「Google ツールバー」がインストールされている場合、クラッシュする可能性がある
http://support.microsoft.com/kb/968136/ja
「PDF Creator ツールバー」がインストールされている場合、クラッシュする可能性がある
http://support.microsoft.com/kb/968916/ja

上記どちらも最新版をインストールすれば大丈夫。
私の知る限りではMicrosoft謹製のLive Toolbarなんかも(IE8リリース当時は)相性が悪かったです。他にも不具合が出るツールバーは一杯ありそう。

 

Windows7とIE8の相性

Windows7で、Internet Explorer8を使用して一部のWebページを表示すると断続的にクラッシュする可能性がある。
http://support.microsoft.com/kb/979665/ja
WindowsUpdateを行っていればこの不具合は解決されている。

 

セキュリティソフト

特定のバージョンの AVG Safe Search がインストールされている場合、Internet Explorer 8が応答を停止するかクラッシュすることがある
http://support.microsoft.com/kb/970962/ja
最新版AVG Safe Searchでは大丈夫。

他にもSpybot、SpywareBlaster、Ad-Awareなどのスパイウェア防止・除去ツールは古いバージョンだと破壊的にIE8は重くなりましたね。

 

他Webツールとの競合

特定のバージョンの「PPLive」がインストールされている場合、クラッシュする可能性がある
http://support.microsoft.com/kb/970961/ja

「Skype 3.8 for Windows」がインストールされている場合、クラッシュする可能性がある。
http://support.microsoft.com/kb/968129/ja

「Drive Letter Access」がインストールされている場合、クラッシュする可能性がある。
http://support.microsoft.com/kb/969228/ja

ドラッグ&ドロップ操作がサポートされているWebページ内のオブジェクトをドロップしようとするとクラッシュする可能性がある。
http://support.microsoft.com/kb/975625/ja

基本、最新版をインストールする事で解決します。
解決しない場合は、アンインストールまたはアドオンを無効にするしか方法はありません。

最初に書いた「ActiveXが正常にインストール出来ない」ってのと同じ原因かも。「オンラインからの攻撃の緩和に役立てるため、メモリ保護を有効にする*」のチェックを外すと正常作動するかも。

情報収集終わり

不具合情報をここまで集めた所で、「もう探すのはやめよう」と思った。
有効な解決策をピンポイントで探すのは難し過ぎる。

IE8はアドオンやツールバーをインストールするには不向きだ。
オブジェクト埋め込みページを閲覧するのも不向きだ。

セキュリティを強化した対価として、いろんな互換性・拡張性を失っている。

消極的回避方法

フリーズしまくってどうにもならない時はまずこれ。

IE8の強制終了
▲「自動クラッシュ回復機能を有効にする」のチェックをオフにする。IE再起動する事

IE8クラッシュ後に、開いていたページに再びアクセスしないようにするだけですが、不具合が続いている時は意外に効果的です。

不具合の特定方法

Internet Explorerを使用中に突然停止してしまう、応答しない、強制終了されてしまうなどの問題が発生した場合のトラブルシューティング方法

上記内容を要約すると
1. サード パーティ製のブラウザー拡張を無効にする。
2. ActiveX コントロールを無効にする。
3. サード パーティ製の常駐アプリケーションを停止する。
4. アドオンや拡張機能を一つずつ有効にしていけば、どこで不具合が出ているか分かります。

アドオンや拡張の他にも、インストールした全てのWebツールについてチェックしないとダメかも。
思い当たる節がありすぎて、よく解らない\(^o^)/

 

参考ページ

今回の様々な情報を探しているうちに以下ページ発見。
 IE8で毎日jpを閲覧した際の不具合について - 毎日jp(毎日新聞)
7割の情報が被ってます。っていうか最終的にこのページを参考にまとめました。