このページについて

はてなブックマークとTwitterを連携して使おう!キャンペーンの応募方法の紹介、連携機能の使い方紹介のページです。

 プライバシーポリシー / 免責事項

はてなとTwitter
はてな Twitter連携機能キャンペーンページ

はてなブックマークとTwitterを連携して使うサービスは、多くの方もご存知だとは思います。
このサービスが現在キャンペーン中。はてなTシャツや はてなオリジナルステッカー、Twitterミニステッカーなどが抽選で貰えるキャンペーンを開催中です。

応募期間2010年6月28日(月)~2010年7月25日(日)24時00分
商品・当選者数5名様 はてなTシャツ + はてなオリジナルステッカー + Twitter ミニステッカー +はてなブックマークしおり
25名様 はてなオリジナルステッカー + Twitter ミニステッカー + はてなブックマークしおり
応募方法はてなブックマークの Twitter 連携機能を設定し、このページを『Twitterに投稿』をチェックしてブックマーク
抽選および当選者発表2010年7月26日(月)以降、はてなにより厳選な抽選を行い、はてなブックマーク日記にて告知いたします。
※当選ユーザー様へは個別連絡を取らせていただきます
商品発送当選発表後、はてなよりメールをお送りし、送付先情報(送付先住所、受取人氏名)をお聞きいたします
お聞きした個人情報は、本キャンペーン以外には使用いたしません

てなカンジで当選者数は合計30名。かなり少なめですが、使った事が無い人はこの機会に一度このサービスを試してみるのも良いかもしれません。便利ですよ。

 

このページでは実際にこのサービスの使い方と、応募方法を解説します。

連携サービスの使い方

「このサービスを使うとどうなるか?」を最初に説明すると

普通にはてぶ登録する
▲クリックで拡大
はてなブックマークのページ追加画面に、「Twitter へ投稿」チェックボックスが表示されるようになります。これではてブ追加とTwitterへの投稿が同時に行えるようになります。両方使っている人には便利。

  1. アカウント作成
    まずははてなとTwitterのアカウントを作成します。
    はてなブックマーク
    Twitter
    どちらも自分で決めたメールアドレス、アカウント名、パスワード等々を入力、メールを受け取って認証を行う程度の簡単なものです。
  1. アカウントの連携
    上記はてなブックマーク x Twitter連携機能キャンペーンページから
    ログイン
      ▲上記リンクボタンからはてなにログイン(先にログインしててもOK)
      
    アカウント連携
      ▲「Twitterアカウント認証へすすむ」ボタンをクリック
     
    確認
      ▲(クリックで拡大)こんな確認ページが表示されます。
      はてなとTwitterアカウントを連携させる事で、Hatenaアカウントをナイショにしていた場合、それが第三者にばれてしまう可能性があります。
    問題なければ「Twitter認証画面へ進む」をクリック。

    認証2
    ▲Twitter側でも同じようにアクセスの許可を求めて来ます。
    許可しないと使えないので「許可する」をクリック。
     
    転送中
    ▲しばらくの間、こんな画面が出ます。
    設定
    ▲クリックで拡大
    はてなブックマークの設定ページに飛ぶので、タグやタイトル、はてなの公開・非公開を設定して終了。
  2. 実際に使ってみる
    あとは普通にはてなブックマークを普通に利用するだけ。
    普通にはてぶ登録する
    ▲クリックで拡大
    はてなブックマークのブクマ画面に「Twitterへ投稿」チェックボックスが表示されるようになっている。はてブと同時につぶやきたい時だけ、このチェックをオンにすればOK。
  3. プラグイン追加
    キャンペーンページの以下ボタン
    利用ボタン
     ▲このボタンをクリックするとガイドページへ飛びます
    プラグイン
    ▲FirefoxやGoogle Chrome用のプラグインが配布されています。
    FirefoxやGoogle Chromeを使っている方はこれらを使うともっと便利になります。

キャンペーン応募

今回のプレゼント企画に応募する方法は、今回紹介しているキャンペーンURLをこのサービスを使ってはてブ&Tweetする事。

既に700人超
▲本日スタートしたばかりの企画ですが既に応募者700人超。
締め切りは7月25日。当選者は30名。
応募は簡単なのですが、当選は非常に狭き門ですね(^_^;