このページについて

昨年8月に書いた「地デジTSファイルをCMカットしたり、aviなど他形式の動画に変換、編集する方法」と云う記事の加筆訂正しました。

 プライバシーポリシー / 免責事項

昨年8月に書いた「地デジTSファイルをCMカットしたり、aviなど他形式の動画に変換、編集する方法」と云う記事の加筆訂正しました。
当時はまだ知識が少なく、随分無駄な手順を踏んで変換を行い、それを紹介していました。

加筆を行った「現在の私の手順」部分を抜粋すると、以下の様になります。
ツールの詳細な使い方はリンク先で確認してください。

地デジTSファイルのCMカット→avi、mp4などへの変換手順

  1. 録画する
    (Friio、MonsterTV HDUS、PT1、DY-UD200)生TSで録画出来るものが対象
  2. 真空波動研LiteでPID情報を取得。
    慣れないうちは過去に記載した方法で調べるのも手だが、これで十分。
    さらに慣れればPID情報は取得しなくても大体分かるようになる。
  3. 十分空きのあるHDDドライブを二つ以上持っている場合は、録画したTSファイルを別ドライブへコピーまたは移動させる
    (録画直後の生TSファイルはファイル断片化が酷く、この後のCMカットや動画変換で大きな速度ダウンとなる為)
  4. 音声の扱いがややこしいもの(ステレオ、モノラル、2ヶ国語、5.1Chなどで音声切り替わりが発生するもの)は「7.」へ
  5. MurdocCutterまたはHDTVtoMPEG2でCMカットを行う(ここでPID情報除去可能)
       生TSファイルのまま保存する場合はここで終了。
    CMカットを行うと大きく音ズレしてしまう場合があるが、その場合は「7.」へ
  6. AutoMenなど直接変換可能なツールでエンコードする場合はこの時点で変換してOK
    ただし変換後、音ズレのチェックは必ず行うこと。
       音ズレしていなかったら終了(´∀`)ノ ズレてたらこの方法は諦める('Α`)
  7. BonTSDemuxで映像部分と音声部分を分離(DeMux)する(ここでもPID情報除去可能)
    (基本Video Frame補間のチェックは外す。音ズレがあったらチェックしてやりなおし)
  8. DGIndexでAviSynthで読み込めるd2vプロジェクトファイルに変換
  9. VirtualDub等を使用してXvid、x264などお好みの形式に変換。
    「5」で音ズレが発生していた時は、CMカットはここで行う(DeMuxした音声も一緒に編集する事)

以上です。