このページについて

以前作成したImgBurnで音楽CDを作成する解説の補足、追記部分を抜粋したページです。

 プライバシーポリシー / 免責事項

ImgBurnの解説ページに、音楽CDを作る際CD-Text情報を含ませる方法を追記したのでお知らせです。

追記部分は、このページ内でも紹介しています。IDタグ情報を持ったMP3音楽からCDを作成する場合に、そのままIDタグ情報をCDプレーヤーで表示させるための手段などを記載しています。

光学ドライブのCD-TEXT対応を確認

ImgBurnのCD-TEXT機能を使用しても、CD-TEXTが書き込めない場合もあります。
まずは、お使いのDVD、CD-Rドライブの性能をチェックしましょう。
ドライブの性能
▲(クリックで拡大)ツールバーから「ツール」>「ドライブ」>「性能」をクリックすると、PCに接続されている光学ドライブの情報が表示されます。

ドライブのチェック
▲このような状態になっていると、CD-TEXTの記録はできません。

「書き込み機能」の欄の「CDText」にチェックが入っていない場合は、お使いの光学ドライブがCD-TEXT書き込みに対応していないか、 ImgBurnとの相性が悪いため、CDテキスト情報が正しくライティングできません。

CD-TEXTの指定方法

「CD CUEファイルの作成」画面内の解説です。
CD-TEXTを含ませる場合は、ImgBurnでは一旦Cueファイルを作成 します。

タグ情報入力
▲MP3などがIDタグ情報を持っている場合、CD-TEXTの欄で「タグ」を指定する事でそのままCD-TEXTとして活用できます。矢印の部分二箇所の情報(タグ・カスタムなどの情報)が統一されている事を確認します。

「カスタム」にし てお好みの情報を入力してもOKです。(CD-TEXTは半角・全角どちらかに統一して使いましょう。混在させるとエラーが出やすくなります。)

CD-TEXT情報の作成は以上になります。
詳細はImgBurnの使い方2 ~音楽CDを作る~をご覧ください。