このページについて

過去記事2ページに追記や修正を入れたのでそのお知らせです。VDM+XvidなページとtsMuxeRのページの修正です。

 プライバシーポリシー / 免責事項

本日は短めの更新。
過去記事2ページに追記や修正を入れたので、そのお知らせです。

 

1. VirtualDubModでYV12なavsファイルが読み込めない
追記・修正内容
最新のXvidのYV12コーデックはVirtualDubModに対応していない。上記ページで紹介した方法ではYV12コーデックは有効にならないみたい。古いバージョンのXvidを入手するか、DivX または Helix YUV Codecs v1.3をインストールする必要があるようです。

Helix YUV Codecs v1.3
▲クリックで拡大
Helix YUV Codecs v1.3インストール後。AviSynthを通したYV12ファイルがVirtualDubModでも表示可能に。

 

2. TS動画やAVCHD動画をBlu-ray用にオーサリングするフリーソフト、tsMuxeR
追記・修正内容
「Add」ボタンを利用した場合と「Join」ボタンを利用した場合の作動の違いについて明記していなかったので追記。またダウンロードシンクが切れていたので貼り直し。

 

以下雑記

VirtualDubMod も tsMuxeR も、既に開発が終了した古いソフトです。
でも、どっちも便利で手放せないんですよねえ。
※どの辺が便利か
 VirtualDubMod ・・・・VirtualDub 系で私の手にイチバン合っている。ちゅうか本家とショートカットが違いすぎていて、本家VirtualDubに戻るのが辛い・・・(^_^;
 tsMuxeR ・・・・機能は少ないものの、ACV-HD形式で保存しておいた動画をBlu-ray形式に変更する場合、これが一番簡単。

そして・・・VirtualDubModはWindows98時代のソフトなんですよね・・・(滝汗)
いい加減に代替ソフトを見つけなきゃなぁ・・・と思いつつも、この2~3年は「アレコレ試した末に結局これに戻ってきちゃう」ってのを繰り返しております(^_^;

 

あと、YV12コーデックについては現在、色々と新しいモノを物色中。
2002~2005年頃に作ったYV12動画を、64bit版 Adobe Premiere Pro CS5に読み込ませるとクソ重いです。古いYV12コーデックに原因があるんじゃないかなあ・・・と色々調査中。このお話は明日か明後日の更新時に話題に挙げて見ます。