このページについて

WinHttpを利用したブラウジング・クローリングを一時的に禁止にいたしました。WinHttpを利用したスパムが急増したためです。ご理解のほどお願い致します。

 プライバシーポリシー / 免責事項

本日はお知らせ更新のみです。

6月3日~6月6日未明まで、WinHttpを利用したブラウジング・クローリングを禁止にしておりました。 昨年11月頃にも一度規制を行いましたが、再びWinHttpを利用したスパムが急増して来たためやむを得ずの処置です。

いざ規制してみたら、通常利用の範囲内でWinHttpコンポーネントを利用していた方が予想以上に多かったため、昨晩で解除する事に。ご不便をおかけしました。

6月8日追記
やっぱりWinHttpの利用は当分規制します。。。
解除したら酷いのが一杯来ました。。。

以下 本文

 

最近急増したアクセス方法・スパムする人へのメッセージ

2週間前から、このWinHttpを利用して異様な速度でアクセスを行い、その直後にリファラを偽装した通常のブラウザから、これまた大量のアクセスを行うユーザーが何人も出てきました。

リファラによる逆アクセスランキングを狙ったスパムと思われますが、サーバーに余分な負荷がかかるだけです。同じIPからの連続アクセスは無効となるよう設定しているので無意味です。

1~2名が同時にこのようなアクセスをしても現行サーバーは特に問題が発生する事はありませんが、4~5人が同時にこの方法を取ると(未知数ながらかなりの負荷が予想され)通常の閲覧をしている方に支障が出る可能性が出て来たため、規制を行いました。

どこかで変なアクセスアップ術とか公開しているのかな?
迷惑です('Α`)

それ以外のWinHttp利用者の方へ

迷惑行為にならない範囲でのWinHttpを利用していた方が、想像以上にいらっしゃった or またしても私のスパム判定方法が甘かったようです。

該当スパム分(1日約4~5000件前後)アクセスのみが減るだろうと想定していましたが、実際には予想数+3~5000PV分にも影響が出てました。
スクレイピング後のデータを利用してブラウジングされている方も相当数いらっしゃるのですね。該当ユーザーさまにご不便を強いる格好となってしまいました。

サーバーログを再度解析して、なるべく多くの方が快適に閲覧出来る環境を作れるよう頑張ってみます(`・ω・´)