このページについて

Avira AntiVirが更新出来ない場合の対処方法ページに追記を入れましたので、TOPページでも告知を入れておきます

 プライバシーポリシー / 免責事項

Avira AntiVirが更新出来ない場合の対処方法ページ
Avira AntiVirが更新出来ない2010年11月版
Avira Antivirus がアップデート出来なくなった
に追記を入れましたのでTOPページにも告知を入れておきます

Windowsの月例アップデート後にPC再起動を行わなかったり、Windowsの月例アップデート時に何らかの理由でIEのキャッシュファイルや*.dllファイルの一部に不具合が出ると、Avira AntiVirのウイルスパターンの更新に失敗する場合があるようです。

以下に追加した文章のみを記載しておきます

更新期限が切れていないのに失敗する・Aviraのサーバーが死んでる訳じゃないのに失敗する

  ・Avira AntiVirのライセンスが切れている訳でもない。
  ・アップデートサーバーを確認しても、サーバーダウンしている訳でもない。
でも自動更新や「更新ボタン」での更新は失敗する。。。
という場合は、Avira AntiVirのログを確認してみます。
(少し上級者向けの解決方法になります。)

Aviraのログ確認
▲Avira AntiVirの更新ログ確認方法
(1)ツールバーから「表示」>「概要」を選択
(2)さらにその先で「レポート」を選択
(3)更新を失敗しているアクションを選択し、「選択したレポートのレポートファイル表示」ボタンをクリック

Aviraのレポートログ
▲クリックで拡大
ウイルスパターンのアップデートに失敗した時のログが表示されます。
少し大変な作業になりますが、ここからエラーを探します。

主なエラー原因

ダウンロード マネージャ: WinINet ライブラリ内でエラーが発生しました。

マイクロソフトHPから参考リンク
[OLEXP] エラー メッセージ : MSIMN のページ違反です。モジュール WININET.DLL

解決方法

IE6を再インストール・修復する場合

詳細は「Outlook Express 6 および Internet Explorer 6 を再インストールまたは修復する方法」を確認すること。以下、画像含め一部を転用。

IE6

「ファイル名を指定して実行」でsfc /scannowと入力。
WindowsのインストールCD/DVDが必要になる場合があります。

さいごに

月例のWindowsUpdateの度に「Avira 更新できない」なんて検索が増えますので、殆どの人がPC再起動で正常に戻ると思います。。。

本日は「Yahoo!JapanでもIE6サポート終了」なんてニュースがありましたが、古いPCを使っていると、IE6はOSの根幹に食い込んでいてアンインストール出来ないのが歯がゆいですね。
今後、IE6と各種セキュリティーツールの間でも不具合が増えそうです。まだIE6をメインに使いたい人は注意しておきましょう。