このページについて

バージョン0.9.1時代のhandbrakeの使い方を解説したページです。情報が古くなりましたので移動させました。

 プライバシーポリシー / 免責事項

旧バージョン(0.9.1)のHandbrakeの使い方解説のページです。
※最新版の解説ページは以下です
 DVD,BD,ISOなどをmp4に変換できるフリーソフト、handbrakeの使い方

この頃のHandbrakeにはデフォでPSPやPS3用のプリセットが用意されていますので、公式以外のダウンロードページを探し、遊んでみるのも一興かと思います。(ダウンロードファイルのウィルスチェックは怠らないこと!)

HandBrake
▲HandBrake 0.9.1起動画面

HandBrakeの使い方

ここでは日本語化せずに解説をしています。
HandBrakeのバージョンが0.91の頃のものになります

HandBrakeの使い方
▲上記の数字順に解説していきます。HandBrakeは、重 要なボタンがオレンジ色をしており、操作が非常に分かりやすく出来ています。

以上が簡単なHandBrakeの使い方になります。

また、動画、音声圧縮の詳細な設定も簡単に出来るように作られていますので、動画エンコードの知識が深まってきたらここで説明していな い部分にも挑戦してみましょう。

追記2008.08.11:HandBrakeの字幕機能を使う

HandBrake字幕機能
1.画面下の「Audio&Subtitles」タブを開きます
2.Subtitlesのプルダウンメニューを開きます。
3.動画に焼き込みたい字幕を選択します。
(同じ言語が複数ある場合は短い動画で変換テストを行い、失敗しないようにしましょう)

HandBrakeには動画の変換時に字幕を焼き込む機能があります。
字幕ファイルのみを抽出する機能ではないので注意です。

PCや再生機器に、別途抽出した字幕ファイル(.idx等)の読み込み機能があればVSFilter等別のフリーソフトで字幕ファイルを抽出するの が良いと思います。しかしiPod、PSP等での視聴を考えると、HandBrakeの字幕焼きこみ機能を使った方が良いでしょう。