このページについて

Handbrakeの最新版0.9.6は 動画変換が10%ほど高速化され、音声や字幕の読み取り精度がかなり上がりました。

 プライバシーポリシー / 免責事項

このページの情報は古くなっています。

※最新版の情報は以下のページあります
DVD,BD,ISOなどをmp4に変換できるフリーソフト、handbrakeの使い方

2月28日に、Handbrakeの最新版0.9.6がリリースされています。

Handbrakeの最新版0.9.6
▲クリックで拡大:Handbrake 0.9.6 起動画面

ダウンロード:HandBrake
サイト内の詳細な解説ページ:DVD,ISOなど動画をmp4に変換できるフリーソフト、handbrakeの使い方 (0.9.5時代のもの)

最新版0.9.6では、Android 用のプリセットが追加され、動画変換が10%ほど高速化され、音声や字幕の読み取り精度がかなり上がっています。

Androidを利用している方ならば、
3~4インチのスマートフォンなら「Android Mid」を
7~10インチのタブレットやウルトラブックなら「Android High」を選ぶと良い結果が出るようになるでしょう。

音声や字幕の読み取り機能もかなり改善されており、「変換後の動画が無音になった」「字幕が上手く焼きこめない」などの症状もかなり改善されています。

またエンコード/デコードエンジンのアップデートにより、動画変換速度が前バージョン0.9.5と比較して約10%向上しています。32bit版から64bit版へ乗り換えた場合は、そこから更に10%前後のスピードアップが見込めます。

主な変更点

主な変更点は
 ・プリセット
   ・アンドロイド専用プリセット(中・高解像度)の追加
 ・エンコーダー部分
   ・x64対応版のリリース
   ・x264のアップデート(r2146)
   ・MPEG2エンコーダーの搭載 / libavcodec Advanced Optionsのサポート
 ・音声
   ・オーディオゲインコントロール搭載
   ・liboggと libvorbisのアップデート
   ・新しいAAC / FLAC エンコーダー搭載
   ・各種音声のパススルー機能搭載
 ・デコード(読み取り)
   ・10bit情報の動画読み取りのサポート(264, DNxHD)
   ・フレームベースのマルチスレッディングに対応
   ・欠落したフレームの複製を改善(音ズレ問題が減る)
   ・Blu-ray 音声の読み取り改善
 ・字幕
   ・色々改善されている
   ・SSA字幕を SRA/UTF-8へ変換すること無く、MKVへパススルー可能

上記、主な改善点のみの記載です。
詳しくは原文 Milestone HandBrake 0.9.6 – HandBrake(英語)を参照下さい。

また、Mono/Stereo/Dolby/5.1ch 音声のダウンミックス機能も近々サポートされる予定の模様です。「特殊な音声の動画を変換したら、途中から無音になっちゃった!」てな不具合も、もうすぐなくなりそうです。

関連:サイト内のHandbrake解説ページ
DVD,ISOなど動画をmp4に変換できるフリーソフト、handbrakeの使い方
上記ページは来週あたりに最新版に置き換える予定です。