このページについて

2015年3月11日のWindows Updateを適用すると、Windows8/8.1マシンの一部でエクスプローラーやタスクバーが異常に重くなる現象が確認されています。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2015.03.25: 該当修正パッチがWindows Updateからインストール可能になりました。

2015.03.19: 修正パッチの項目を修正。
2015.03.18: Microsoftから修正パッチがリリースされました。
2015.03.15: IMEに関する記述を修正
2015.03.13: 初出


※この問題は、Windows Updateが原因です。このページは、今回発生した問題を「Windows Update」以外のキーワードで検索した方に向けた案内ページです。

2015年3月11日のWindows Updateを適用すると、Windows8/8.1マシンの一部でエクスプローラーやタスクバーが固まったり、異常に重くなる現象が確認されています。

2015.03.18 追記

KB3033889の修正パッチ来ました。
(日本語) 3033889 の更新プログラムと Windows のエクスプローラー、日本語 IME を使用する一部のシステムで応答を停止するには

追記終わり、

以下、この問題が発生した場合の症状や、修正パッチリリース前の情報です。



スポンサー リンク

KB3033889およびIME(日本語入力機能) が一部のPCに悪影響を与えています。
残念ながら、現時点ではKB3033889を削除する以外に有効な解決方法がありません。
また、どのくらいの規模で影響がでる問題なのかも分かっていません。

この問題のめんどう臭い所

実はこの「タスクバーが固まる」現象は、Windows Update直後は殆ど問題になっていません。Yahooのリアルタイム検索を使ってみると、3月12日の夜あたりから一気に問題が出たような感じです。

Yahooのリアルタイム検索(キーワード:タスクバー)の結果
Yahooのリアルタイム検索の結果
3月11日のWindows Update公開から、2日経って問題が表面化した格好です。

実際の話、この現象はWindows Updateを行い、しばらく経ってから発生します。

現時点(2015.03.13/深夜2時)のまとめ

  • 通常のWindows Updateを行った後も、しばらくの間PCは重くなりますが、それとは別の症状が発生します。
    場合によっては、デスクトップ全体がフリーズしたような症状も出ます。
  • 多くの場合、PC起動後 3時間くらい経った頃に発生します。
    タスクバーのみが重くなったり、エクスプローラー重くなったり、応答がなくなったりします。
  • タスクバーのマウスホバーや右クリック、タスクトレイの操作に注意です(この操作で発生しやすい)
  • 現時点では、どこに原因があるのか特定されていません。
    KB3033889およびIMEが原因でほぼ間違いありません。
  • 問題が発生し、PC作業に支障が出るほどPCが重くなる場合は、システムの復元を使ってWindows Update前の状態に戻し、Microsoftから正式なアナウンスを待つのが懸命だと思われます。

2015.03.13/深夜3時 更新

KB3033889を削除する、またはMS-IMEを利用しない(別のIMEを使う)、という方法でタスクバーやエクスプローラーが固まるのを回避出来るのではないか?という説が有力です。
※IMEを変更しても、問題を回避できない場合があります。Google日本語入力やATOKでも同様の問題が発生する事が確認されています。

KB3033889の削除方法

IMEの変更でフリーズが解消しない場合は、KB3033889を削除してみましょう。

  • コントロールパネルから、[プログラムと機能] を開く
    KB3033889削除方法
    ▲クリックで拡大
    [インストールされた更新プログラムを表示]を選択します。
  • 更新プログラムのリストが表示されます
    KB3033889削除方法その2
    ▲クリックで拡大
    検索ボックスに「KB3033889」と入力し、リストに残ったプログラムを右クリックし、[アンインストール]を選択します。
  • 削除が終了したら、PCを再起動させます。
  • Windows Updateを手動更新にしておきます
    KB3033889削除方法その3
    ▲クリックで拡大
    KB3033889が再インストールされないよう、Windows Updateを手動更新するか、KB3033889を更新リストから外すか、何かしらの対策を行っておきましょう。

KB3033889削除後の注意

KB3033889の詳細リンク
マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-020 - 緊急
KB3033889は「緊急」レベルの更新パッチです。
削除するとWindowsの脆弱性が残ったままになります。極力IE以外のブラウザを使い、怪しいサイトに行かない、怪しいファイルをダウンロードしないようにしましょう。

このトラブルの原因や解決方法が判明した場合、以下ページ内で紹介する予定です。
 → 2015年3月のWindows Updateの不具合情報
上記リンク先で 今月のWindows Updateの不具合情報をまとめ、1日2~3回のペースで随時更新しています。
主に、私のPCの挙動と、ネット上の情報を集めたものになっています。