過去のBUFFALO製機器が続々と64bit Windows7対応中?

手持ちのBUFFALO製機器(WLI-U2-KG54L)がいつの間にか64bit Windows7に対応していました。

BUFFALO,ドライバ,64bit,Windows7などについて。

過去のBUFFALO製機器が続々と64bit Windows7対応中?

手持ちの古いBUFFALO製品(無線LAN子機:WLI-U2-KG54L)がいつの間にか64bit Windows7に対応していましたので、早速利用してみました。

コメント欄で情報をくれた匿名さん、感謝です。

これまでは同じチップを利用していたAirLinkという海外製ドライバを利用していましたが、やはり無理やり他社ドライバで代用するよりも受信感度が良く、ネット環境がちょっとだけ快適になりました。

2005~2007年頃に発売された外部接続機器も、徐々に64bitドライバ、Windows7用ドライバが登場しているようです。

ドライバアップデート後
▲ドライバアップデート後。
アンテナ4本立つようになりました。

無線LAN、64bitで無事接続
▲これが以前の様子。
アンテナ2本なうえに、時々親機を見失っていました。
やっぱ純正ドライバの方が快適です。

 

以下、新しいドライバのダウンロード先や、インストールの際に気をつけた事のメモ。

ダウンロード

buffalo01
▲BUFFALOのドライバーダウンロードサービスページに飛び、
手持ち製品の製品名に該当する頭文字をA~Zのリンク部分から選んでクリック。
(今回はWLI-U2-KG54Lの「W」をクリック)

リスト
▲クリックしたアルファベットを頭文字にした製品群のリストが表示されるので、ここから手持ち製品を探します。(数が多い場合、Ctl+Fを押して製品名を入力すると楽。)

WLI-U2-KG54L
▲今回の目的ドライバー(無線LAN子機WLI-U2-KG54L)は、「エアナビゲータCD」内に収録されているようです。

64ドライバーファイル
▲ドライバーファイルは様々なアプリに同梱され、49MBの圧縮ファイル。
解凍にはCore i7機+9GBメモリでも3~4分を要する、超圧縮ファイルです。
(解凍後は116MB)

インストール

インストール前のチェック

  1. 古いドライバの削除、子機の取り外し
  2. 古いアプリ(クライアントマネージャ、エアステーション設定ツール)の削除
  3. 一応再起動。
  4. そして念の為administratorでログインして作業を開始する。
  5. インストーラー起動の前に、ファイアウォールとアンチウィルスソフトを停止

AirNavi.exe
▲AirNavi.exeをダブルクリックしてインストールをスタート。
あとは製品に同梱されたCDと全く同じ手順でインストール。
(インストール中の指示があった所で子機を接続→親機と通信)

64Vista用ドライバは未搭載

README
▲ReadMeファイルには上記の様な記載があり、64bit Vista用のドライバは同梱されていません。
ひょっとするとWin7用で作動するかもしれませんが、未サポートです。



次のページへ
前のページへ
過去のBUFFALO製機器が続々と64bit Windows7対応中?
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> ドライバー
Windows7マシンがDVD、ブルーレイドライブを見失う場合の対処法
HDUS(fも可)x64 Windows7でts抜き(ドライバ改造)
Windows 7 SP1でWindowsがUSB機器を認識しなくなった場合の対処法
Windows7/Vistaでドライバの署名制限を無効に出来るSetupReadyDriverPlus

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2010/03/30(2010年03月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8