2014.11.28: コンテンツの構成を変更(内容は変わらず)
2014/11/16: 補足や参考リンクを追記

コメント欄にて情報を頂きました。
2014年9月初旬頃より徐々に・・・ですが、Windows8無印から8.1への強制アップデートが始まっていたようです。(多くの人は10月中旬~11月初旬に発生)
Windows8無印から8.1への強制アップデート
▲クリックで拡大
上記画像の「後で通知する」の選択肢が消え、PCを再起動すると強制的にWindows8.1へアップグレードされてしまいます。

そして今さらですが、11月初旬にマイクロソフトから強制アップデートの回避方法が公開されています。「KB3008273」を削除し、非表示設定にすればOKとの事です。

回避方法

富士通のサイトの手順(詳しく分かりやすい)
富士通Q&A - [Windows 8] 「Windows 8.1 へのアップデート」と表示されます。 - FMVサポート : 富士通
参考:マイクロソフトの手順(同じ手順)
「Windows 8.1 へのアップデート」 と表示された場合 - CS3 Windows - Site Home - TechNet Blogs

リンク先のざっくりした手順
  1. アップデート通知画面で「4時間後」または「後で通知する」を選択する
  2. ストア画面からWindows8.1のアップデートを手動で行い、途中でキャンセルする
  3. [コントロールパネル]>[プログラムと昨日]>[インストールされた更新プログラム]を開き、「KB3008273」を削除する
  4. [Windows Update]の画面を開き、「KB3008273」を右クリックして「更新プログラムの非表示」を選択する。

 

事の流れ

ネット上の情報を集めて見ると、一斉アップデートという感じではなく、9月中旬から強制アップデートされた人が徐々にあらわれ始め、10月20日を過ぎた頃から多くの8無印環境で強制アップデートが実行され、11月に入りMicrosoftから8無印へのダウングレード方法や強制アップデートの回避方法が公開された、、、という感じです。

 

補足

8無印から8.1へアップグレードすると、多くのPC環境では8無印への復元やリフレッシュが上手く作動せず、またWindowsの環境設定が変更されたり、一部のツールやドライバが正常作動しなかったり、、、と様々な問題が発生してしまいます。

またこれら (8.1から8へ戻す系) の情報は錯綜しており、注意が必要です。
 ・PCの環境設定を変更せずに8無印に戻す方法はない
 ・リフレッシュを行うと意図せず8に戻ってしまった
 ・リフレッシュや復元で8に戻したいが戻らない
 ・システムイメージからの回復も、Discのバージョンが異なると出て実行出来ない。

等々、色々な事例を見受けますが、当サイトでは正確な情報を追いきれていません。
リカバリーの概要については、自分自身で確認してみましょう(投げっぱなし)

とりあえず、Windows8 → 8.1をストア経由でアップデートした場合はPCの環境設定を変更せずに8無印に戻す方法は無いと考え注意しておきましょう。

参考リンク(8.1から8に戻す方法など)

コメント欄で頂いた情報
Windows 8 プリンストール PC と Windows 8 クリーンインストール PC に於いてはリセット/リフレッシュで、Windows 8 に戻るのが仕様。

 

Windows 8 に戻らない場合が考えられるのは
・Windows 7 等から Update (上書きインストール)した場合
 この場合はインストール時にイメージバックアップがされていない
・ユーザーがイメージをマニュアルで書き換え
  ・インストール時から変更されている
  ・イメージ保存エリアを削除

等が想定される


あとがき

強制アップデートされてしまったユーザーは、
「再度8無印をクリーンインストールしてから上記の回避手段を施す」か、
または「先日公開された8.1インストールメディアを入手して8.1をクリーンインストールする」
という方法をとるのが無難かもしれません。