2015.10.04: 公開当時、未検証だった箇所を追記修正
2014.11.20: 初出

Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について-その2」の続きです。

Microsoft TechNetの「Windows 8 volume compatibility considerations with prior versions of Windows -TechNet Articles -United States」には、どのような内容が書かれているのか・・・を解説しています。

かなりのボリュームになったので、数回に分けて更新しています。
「Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について」
 ・その1 
 ・その2 
 ・その3 (このページ)

 

本日の更新では、「NTFSボリュームのログファイルバージョンの確認方法」「従来のログファイルバージョンでWindows8/8.1を利用する方法」などを紹介しています。

このページの要点

このページで提示している手順は4つです。
  1. NTFSボリュームのログファイルバージョンの確認
  2. ストレージデバイスのキャッシュポリシーの確認
    および安全な取り外しを行うようにする
  3. 高速スタートアップを無効にする
  4. LFSのアップグレードを無効化する方法

「1.」は、現在のストレージの状況をチェックするため、必ず行ってください。
「2.」は、外付けストレージの安全な運用のために心がける項目です。
高速スタートアップを利用している際の「外付けHDDのデータが消えちゃう問題」は「3.」か「4.」どちらか一方を行えば解消するはずです。

 

1. NTFSボリュームのログファイルバージョンの確認

まずは、NTFSボリュームのログファイルバージョンが2.0にアップグレードされているか、必ず確認してください。

重要:この項目には、システムに重要な変更を加える事が可能な手順が含まれています。慎重に操作を進めなければ、OSが起動しなくなる場合があるので注意してください。

注意:以下の手順でLFSを確認できるのは、Windows 8またはWindows Server 2012以降を走らせているシステムだけです。

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で起動する
  2. 「fsutil fsinfo ntfsinfo C:」と入力する
    • Windows7で「 fsutil fsinfo ntfsinfo」
      ▲クリックで拡大
      「LFSバージョン」が「2.0」となっていれば、NTFSボリュームはアップグレードされており、ハイパフォーマンスなログファイル構造になっています。Windows8以降の仕様で、過去のWindowsと互換性はありません。
    • Windows 7から8/8.1/10へアップグレードした場合などでも、LFSのバージョンは2.0に上がります。
    • Windows8以降でも、LFSバージョンを「1.1」に下げれば、過去のWindowsとストレージの互換性が保たれた状態になります。
      ただし高速スタートアップの問題が別にあるので、デュアルブート/システムドライブの時は注意が必要です。

Windows7以前のLFSバージョンは1.1です。
LFSバージョン2.0にアップグレードされたストレージを、そのまま古いWindowsに接続すると正しく認識する事が出来ず、chkdskが作動します。

  • 内蔵ストレージ、外付けストレージ共に、Windows8に接続するだけで自動的にLFSバージョン2.0にアップグレードされます。
  • ファイルシステムがFAT32のUSBフラッシュメモリやSDカードなどの場合はこの問題は発生しません。

2. ストレージデバイスのキャッシュポリシーの確認

重要:以下の項目の方法は、システムに重要な変更を与える許可をします。慎重に操作を進めてください。

  1. 管理者権限のあるユーザーでWindowsにログオンする
  2. コントロールパネルを開き、「デバイスマネージャー」を起動する。
    または、「プログラムとファイルの検索」で「devmgmt.msc」と入力する。
    (管理者権限が必要)
  3. デバイスマネージャー内で、外付けストレージのアイコンを右クリックする。
    外付けストレージのアイコンを右クリック
    ▲クリックで拡大
    上記の操作で、外付けストレージのプロパティが表示される。
  4. 「ポリシー」タブを開く。
    外付けストレージは、通常は以下の状態で利用
    ▲クリックで拡大
    「取り外しポリシー」を「クイック削除(規定)」になってる事を確認する。この状態で、タスクトレイの「安全な取り外し」を利用する事が推奨されます。
    この状態になっていれば、外付けストレージはLFSのバージョンは2.0にアップグレードされません。

この状態であれば、「デバイスの安全な取り外し」または「Windows8の完全シャットダウン」を行うことで、外付けストレージを「以前のWindows」と共用する事が可能です。

 

3. 高速スタートアップを無効にする

以下の手順は、管理者権限のあるアカウント(OSインストール時に最初に作ったアカウントなど)でログオンして操作します。
注意:hiberfil.sysを削除した場合も高速スタートアップは無効なりますが、必ず以下の手順で高速スタートアップを無効にして下さい。
また、hiberfil.sysを削除したい場合は、以下の高速スタートアップ無効手順を実施後に削除して下さい。
高速スタートアップの機能はhiberfil.sysを利用しているため、先に削除していると予期せぬ挙動を起こす場合があります。

高速スタートアップの設定場所へのアクセス方法
コントロールパネル
  (ハードウェアとサウンド)>(電源オプション)
 >「電源の管理」
 >「電源ボタンの動作を選択」

「電源ボタンの動作を選択」の位置
電源ボタンの動作を選択
▲この項目は左側のメニュー欄にあります。

 

 >「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」
 >「現在利用可能ではない設定を変更します」

「現在利用可能ではない設定を変更します」の位置
現在利用可能ではない設定を変更します
▲青字で意外と目立ちません。(管理者権限が必要になります。)

 

 >「シャットダウン設定」
 >「高速スタートアップを有効にする」を無効にする

高速スタートアップの設定
Windows8の新機能「高速スタートアップ」を無効に
▲クリックで拡大
チェックを外すと、高速スタートアップが無効になります。
この設定を行ったら、PCを再起動しておきましょう。

※ Windows Updateなどのタイミングで、設定が元に戻る場合があるので注意しておきましょう。
(この方法をとった場合、次項「4.」は実行しなくてもOKです。)

 

4. NTFSログファイルのアップグレードを無効化する方法

重要:この項目には、レジストリに変更を加える手法を紹介しています。
設定を間違えると、Windowsが予期しない作動をしたり、システムが破壊されたりします。慎重に操作を進めなければ、OSが起動しなくなる場合があるので注意してください。

高速スタートアップを無効にしたくない場合に用いる手段です。
以下の手順が適用できるのは、Windows 8またはWindows Server 2012を走らせているシステムだけです。

  1. regeditを起動する
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\FileSystem tfsDisableLfsUpgrade
    の値のデータを 0 → 1 に変更する。
    NtfsDisableLfsUpgrade
    ▲クリックで拡大
    • 値 NtfsDisableLfsUpgrade が無い場合は、自分でDWORD値を作成すればOKです
    • 値のデータは、0でなければ何でもOK (ただし推奨は1) との事です
    • これにより、NTFSボリュームのログファイル構造が2.0へアップグレードされる事を防ぐことが出来ます。
    • この値のデータを0に戻すと、外付けNTFSボリュームのログファイル構造を2.0にアップグレードする事が可能になります。
  3. 注意:
    レジストリ変更後は一旦PCをシャットダウンではなく再起動しましょう。
    コールドブートを行わなければ変更が反映されません。
    • これにより、全てのNTFSボリュームが以前のWindowsと互換性を持ったログファイル構造に置き換えられます。
    • 上記のレジストリキーが有効な限り、NTFSのログファイルシステムとバージョンナンバーは2.0にアップグレードされる事はありません。

LFSバージョンの再確認

上記の手順でレジストリを変更、PCを再起動した後は、NTFSボリュームのログファイルバージョンが変更されているか確認しておきましょう。

  • 「fsutil fsinfo ntfsinfo C:」と入力する
    Windows7で「 fsutil fsinfo ntfsinfo」
    ▲クリックで拡大
    「LFSバージョン」が「1.1」となっていれば、NTFSボリュームはWindows7以前と互換性が保たれた状態になっています。
  • 手元の環境でのテストでは、内蔵ストレージ、外付けストレージ、共にLFS 1.1で作動しています。

(この方法をとった場合、前項「3.」は実行しなくてもOKです。)

おわり

3回にわたって紹介した「Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について」の紹介記事はこれで終了です。
 ・その1 
 ・その2
 ・その3 (このページ)