ネタ: Windows10、既に販売開始?

2015年7月19日、偶然にMicrosoftストアの「Windows10 販売ページ」に辿り付いたので紹介。

Windows10,発売などについて。

ネタ: Windows10、既に販売開始?

2015.07.20: 無償アップグレード時のライセンスについて追記

偶然にMicrosoftストアの「Windows10 販売ページ」に辿り付いたので紹介。
※このページは「未確定な話」を妄想で語っている箇所が多々あります。特にライセンス形態の情報はネタとして受け止め、振り回されないで下さい。

Windows10 販売ページ!?
Microsoftストアの「Windows10 販売ページ」(2015年7月19日)
▲クリックで拡大
正規のMicrosoftストアのページ。これ、予約画面じゃなく、販売画面ですよね?
もう買えるのかな?(^_^;

  • お値段2万7千円とかなり高価で、ネタでポチる勇気はありません。
    このページの先に進むとどうなるかは不明です(^_^;
  • このページへのアクセス方法はかなり特殊で、通常はアクセスできません。(ページ後半で手順紹介あり)
  • 「ライセンスはこの1台のPCにのみ付与されます」との記載があります。

    • あれれ?
      オンライン購入できるパッケージは、リテール版と同じですよね?
    • オンライン購入版は、「ライセンスの再割り当てなしという感じで、OEM版やDSP版などと同じ似たような扱いになるのかな?
    • 店頭でDVD/USBメモリで販売されるパッケージ(BOX版)のライセンスはどうなるのだろう? ちょっと心配になってきた・・・。
  • ここから妄想
    • もし店頭販売のBOX版までPC1台のライセンス縛りがあるんだったらどうしよう・・・('Α`) 
      • 所有してるWindows7マシンも8.1マシンも、無償アップグレードで良いや・・・って気がして来た
    • その他(画像の下側の赤矢印部分)
      • やはりマザーボードを変えると、別PC扱いでライセンス失効になる感じですね。
      • HDD、SSD、メモリ、ビデオカードの交換くらいなら大丈夫かな?
        この辺は 今回もMicrsoftのみが知る、という感じですね(^_^;

販売ページへのアクセス方法

かなり特殊な手順です(^_^;

  • 今から Windows10 IP版をインストールする
    • 既にインストールしたIP版でも、ライセンス認証が通っていなければOK
    • 7/14以降、(通常は)ライセンス認証は通らない
  • インストールしたIP版の「Windows ライセンス認証」画面にアクセスする。
  • ライセンス認証されていない場合、以下の画面になる
    IP版の「Windows ライセンス認証」画面にアクセス
    ▲クリックで拡大
    上画像の赤矢印部分、「ストアに移動」のボタンを押す
  • Windows10購入ページが出る
    Microsoftストアの「Windows10 販売ページ」(2015年7月19日)
    ▲クリックで拡大 (ページ先頭と同じ画像)
  • と言う事で、販売ページへのアクセスはかなり特殊です。
    これは単に、Insiderプログラム参加に乗り遅れた IP版から正規版に移行できるよう用意された、特殊な販売ページかもしれません。

 

過去のWindowsのライセンス

以下の解釈で合っているよね?(間違ってたらゴメンナサイ)

  • Windows7
    • 店頭パッケージ版・・・PCへの紐付けなし
      (というか、ライセンスの再割当が可能)
    • アップグレード版・・・PC1台に紐付け
      (アップグレード前のOSのキーに紐付け?)
    • OEM版・・・PC1台に紐付け
    • DSP版(前期)・・・同時購入のデバイスに紐付け
      (同時購入のデバイスを使う限り、ライセンスの再割当が可能)
    • DSP版(後期)・・・同時購入のデバイス必要なし。PCへの紐付けなし。(というか、ライセンスの再割当が可能)
    • オンライン購入版・・・チェックしていないので知らない
  • Windows8
    • 店頭販売はアップグレード版のみ。
      PC1台に紐付け(アップグレード前のOSのキーに紐付け)
    • OEM版・・・PC1台に紐付け
    • DSP版・・・同時購入のデバイス必要なし。PCへの紐付けなし。(というか、ライセンスの再割当が可能)
    • オンライン購入版・・・チェックしていないので知らない

追記:無償アップグレード時のライセンスについて

無償アップグレード時のライセンスについて、情報が出たみたいです。
鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:「Windows 10」は“非推奨”ながら手動アップグレードも可能へ (2/2) - ITmedia PC USER

このアクティベーション機構は「デバイスとひも付け」がなされており、「デバイスを変更してのWindows 10クリーンインストール」は基本的に行えない。ただし「マザーボードの変更」など大規模な変更時は再認証が必要だが、ストレージの入れ替えや周辺機器の構成変更程度では問題なくアクティベーションが可能とのことだ。特にデスクトップPCでWindows 10の導入時にパーツ換装も考えているならば、注意してほしい。
  • Windows 7/8/8.1から無償アップグレードしたマシンでも、ライセンスの再認証は行えるようです。
  • 大方の予想通り、「ストレージの入れ替えや周辺機器の構成変更」程度では再認証はかからない感じです。
  • 「マザーボードの変更」など大規模な変更の場合は再認証がかかります。
    ※マザーボードを変更し、電話再認証で変更したPC構成を正直に申告すると恐らくライセンス失効するので注意です。
    ※無償アップグレード版の場合、再認証となった時点でライセンス失効の可能性があるので注意です。

あとがき

Windows10の発売開始は、どんなに早くても7月29日なので、恐らくこれは仮ページなのだろう。でも、PC紐付きライセンスが27,000円は高い。高すぎる。
Windows10は、、、ひょっとして「ライセンスの再割当」がなくなるんじゃなかろうかと心配になって来た( ̄▽ ̄;)

今までと違い、Windows10の価格およびライセンス情報は、ギリギリになってもMicrosoftから正式アナウンスがありませんね。。。
価格については多少の海外情報はありますが、国内の正式アナウンスは未だになし。ライセンス情報は未だに錯綜中。

とりあえず、パッケージ版のライセンスの再割り当てについてのアナウンスが欲しいですなあ。

私の場合、来年夏あたりにメインPCを買い換えようと思っているのだけれど、なるべく早くWindows10に移行したい、という気持ちもあります。
Windows10のライセンス形態の内容によっては、無料アップグレードを行うか、DSP版の登場を待ったほうが良さそうですかね(´・ω・`)



次のページへ
前のページへ
ネタ: Windows10、既に販売開始?
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[8] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> Windows10 | 時事ネタ(IP/TP/TH1/TH2) | 2015-
Windows10 RS1の不具合・トラブル・注意事項(2016年8~12月版)
我が家のWindows10マシン、OS起動速度がいきなり約2倍になる (追記: その後更に早くなる)
Windows 10/8.1でPC起動時にテンキーが無効になる問題の解消方法
Windows 10でF2キーやDELキーでUEFI (BIOS) 画面を起動する手順

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/07/20(2015年07月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8