手元のPC (ASUS P9X79 Deluxe + NVIDIA GTX1070) が無事作動するようになるまでの、悪戦苦闘を記録したページです。色んな問題が複雑に絡んでいました。

※サイト内関連記事

以下、このページは個人的なメモページです。
手元のPCで発生した問題を時系列で記録しています。
※何度も同じ内容で更新するのは自分の記憶を整理するためです。
 そして、復旧に時間がかかった理由として、盛大なオチが付いています(^_^;

時系列リスト

  1. 最初は無事動いていた
    • ここで油断したのがマズかった。
  2. 交換直後、最初のスリープ復帰に失敗した
    • おそらく、この段階では「次項3.」の問題は発生していない。
    • GeForce ExperienceとWindows10の相性
      PhysXの設定
      ドライバ(初期バージョン)は未成熟
      この3つのうち、いずれかが原因。
  3. CMOSクリアしても画面真っ暗でOS起動すらしない場合があった
    • 原因
      P9X79 Deluxe の場合、CMOSクリアすると
      「Fast Boot 有効/CSM 有効/セキュアブート有効」
      という状態になっていた。
      • どうやらCMOSクリアする時のパーツにより、この設定は変化する模様。たまに盛大に間違った組み合わせになってしまう。
      • 「Fast Boot 有効」について
        POSTでコケた時、画面が真っ黒なままF2キー待ちになる。
        これにハマった。
        F2キーなどを押して先に進んでも、(CSMなど他の設定も間違っていると)画面真っ黒なままOSが起動する場合がある。
      • CSM 有効/セキュアブート有効」について
        UEFI対応の多くのビデオカードは、この設定では起動しない。POSTでコケる。
    • この時点で大いにハマる。
      • この状態だと、たとえPCが起動できても新しいドライバを使っても正常作動しない。ドライバがインストールできないケースも発生した。
  4. ビデオカードをRADEON R9 280Xに戻す
    • 普通に起動する。
      「Fast Boot 有効/CSM 有効/セキュアブート有効」という間違った設定でも普通に起動してくれる。(これがその後で判断ミスした最大の原因)
    • 補足情報
      私のR9 280XはBIOS改造しておりUEFI未対応な状態だったので、マザー側が自動的に「セキュアブート有効」を解除していたのかもしれない。
  5. 再びビデオカードをNVIDIA GTX1070に変更する
    • 「セキュアブート有効」なままビデオカードを交換すると、OSは正常起動しなくなる。
    • これもハマった。
      何度か起動失敗を繰り返すとマザーの設定も自動的に変わるらしく、何度目かの起動で辛うじてOSブートする。
      (ただしドライバインストールできない)
  1. セキュアブート無効/CSM有効で再チャレンジ
    • 無事OS起動、ドライバインストールも無事完了。GTX1070は無事作動を始めた。
    • しかしPremiere Pro や 各種ベンチを取っている途中でPCハングする。
    • ここでの原因
      GeForce ExperienceとWindows10の相性
      PhysXの設定
      あと、何故かスタートアップから外していた Windows10未対応なツール(CoreTempの旧バージョン) が起動したらしい。
  2. 「6.」でハングした後
    • ここで Windows10がクラッシュし、Cドライブにバッドセクタが発生。OS起動するのに「chkdsk C:/r」が必要となった。
      • chkdsk c: /r で復旧させた後の復旧データ
        GTX1070をインストールしてPC起動不能になった後、chkdskで復元されたファイル
        ▲クリックで拡大
        なぜか復旧フォルダの中にCoreTemp関連のファイルが出来上がり、その中にNVIDIA 関連のシステムファイル(2016年6月以降)が出来上がっている。
      • なぜスタートアップを殺しておいたCoreTempが起動したのか?これは今でも謎。
  3. 6月30日「動かない」とブログに記事公開した頃
    • GTX1070のドライバがインストールできない状況になってしまった。
    • CMOSクリアする度にマザーボードの設定が「Fast Boot/有効」になる事に気が付いていない。
    • 「セキュアブート 有効/CSM 有効」という組み合わせではWindows 10/8.1 は正常作動しない事をまだ知らない
      (R9 280Xはこの設定でも問題なく動いていたので気が付かなかった)
    • セキュアブート有効だとビデオカード交換もコケる事もまだ知らない。
  4. ここで一旦作業中断
    • 7月1日~8月中旬まで多忙を極めたため、ビデオカードを元の状態に戻し GTX1070のセットアップは一時中断。
    • 8月20日頃から作業再開。
    • 8月25日頃、POST画面とセーフモードを低解像モードで起動すると復旧がスムーズに行くことに気が付き、ここから作業はトントン拍子に進むようになった。
  5. 問題を一つずつクリアした後
    • ようやく無事Windows10が起動するようになったが、ドライバのインストールがまだ出来ない。・・・・何かがおかしい。
    • GPU-Z でチェックした結果
      私のGTX1070は壊れていた
    • どうやらドコかのタイミングでGTX1070は壊れていたらしい('Α`)
    • UEFI設定を施し、ようやくPCが起動できるようになった時は、メモリ0GBでドライバも正常に読み込めない状態だった。
    • そりゃーマトモに動かないワケだ。
    • 多分、Cドライブにchkdskが必要なほど激しいフリーズしたあたりで壊れている。
    • つまり、どこか途中の段階から「壊れたビデオカード」で必死にOSを起動しようとしていた事になる。
      • 個人的な予想だけど、上項目「6.~7.」の段階で壊れたと思っている。
 

今回一番ハマった所

ビデオカードが壊れた状態で復旧しようとしていた事もアレだったけど、個人的に一番ハマったと感じたのはASUS P9X79 Deluxe (BIOS4701) では、CMOS クリアすると UEFIの設定がトンデモ状態になり、GPT インストールした Windows10 と GTX1070 の組み合わせは正常に起動しない」、というモノ。

  • CMOSクリアした直後
    セキュアブート有効
    CSM・・・・有効 ※PCIeはUEFI優先
    Fast Boot・・・・有効
    • この状態では GPTインストールした Windows10は(ハードウェア構成によっては) 正しく起動しない。以下赤字部分のように設定を変更する。
  • 起動する組み合わせ1
    セキュアブート有効
    CSM ・・・・無効
    Fast Boot・・・・どっちでもOK
  • 起動する組み合わせ2
    セキュアブート無効
    CSM・・・・有効 ※PCIeはUEFI優先/旧BIOS優先、どっちでもOK
    Fast Boot・・・・無効
  • サイト内参考
    セキュアブート有効にするならCSMは無効にする

ちなみに、RADEON R9 280X (※BIOS改造)の場合はCMOSクリア直後の状態でもWindows10は正常に起動する。しかし、NVIDIA GTX1070 の場合は起動しない、もしくはドライバインストールでコケる、という状況だった。

  • 最初は正しいUEFI設定だったので普通にGTX1070を利用できていた。
  • その後PCが起動不能になり、私はCMOSクリアをしてしまった。その後は延々と間違ったUEFI設定で復旧しようと頑張っていた。
  • さらに、そこからビデオカードを一旦R9 280X(BIOS改造)に戻しCMOSクリアすると、さらに間違ったCSM設定がセットされてしまい、ますますGTX1070が起動しにくい環境が出来上がった・・・・。
    というのが復旧に手間取った一番の原因だった感じ。

壊れたGTX1070について

  • 後日販売店さんに相談したら交換対応して頂けた。 
  • かなり割高だったけど保証のしっかりしたお店で買って良かった。
  • 交換してもらったGTX1070をPCに接続したら、Windows はアッサリ起動し GTX1070 のドライバもすんなりインストールできた。

あとがき

このような感じで、失敗を重ね、問題を一つずつクリアして行き、「やっちゃダメな手順」を回避するスキルを身につけ、ようやく無事に作動させることが出来ました。

当時は何が起きていたのか全く理解できていませんでした。
今となっては「最初の4~5日間の苦労は何だったのか・・・」と脱力するレベルで無事作動しています。しかしこれらの問題を知らずに交換しちゃうと、(カード交換時のPCの状態によっては) これは詰みますねえ(^_^;