いよいよメインPCもWindows10にアップデートしてみようかな、という心境になってきたので、その前にマザーボード(ASUS P9X79 Deluxe)のBIOSをアップデートしておく事にしました。

私の場合、4302から4701へ、約2年ぶりのBIOSアップデートです。

ちなみに最新BIOSは4801なのですが、最新BIOSはまだベータ版だし、現行PCに16GBのメモリを8枚も積む予定もないしIMメモリってのも良く分かっていないし・・・という理由で、一つ前の4701を入れています。

システムの安定性やOC耐性について

  • 特に何かにつまづく事無く、今回も無事アップデート終了。
  • 当たり前だけど、今回もOCプロファイルは全てクリアされた。
    イチから設定の作り直し。
  • BIOS内の設定項目は、予想通り微妙に変化してる。
    (細かい変更点などは割愛)
  • CPUのCステートの設定項目のデフォルトが
     ・C1E・・・Enabled
     ・C3・・・・Disabled
     ・C6・・・・Enabled
     ・C7・・・・Disabled

    という具合に変わっていたので、試しに(Cステートの設定を)デフォルト設定のままOCしてみた。(今まではC3をEnabled、C6をDisabledにして利用していた)

 

OC設定

  • 過去記事「KP41病 対策その後2(解決!)」に書いたセッティングとほぼ同じ。
  • BIOSを2104→ 4302に上げた時に OC耐性がやや落ちた。
    現在はx41倍で作動させている (当時は 冬x43倍、夏x42倍)
  • C3ステート Enabled→Disabled
    C6ステート Dsiabled→Enabled
    以外は、当時と同じ設定。
    新しく増えた設定項目は適当にセッティング。

 

OC後の結果

  • アイドル時の消費電力が10Wほど減った。
    • 135W → 125W
      夏場の10Wは非常にデカい。
      軽作業中にFANが唸りだすまでの時間が倍近く伸びたヾ(*´∀`*)ノ
  • スリープ待機時の消費電力も少しだけ減った
    • 7.2~7.3W → 6.8~6.9W
      非常に僅かだけど、こちらも確実に減っている。
  • OC耐性が劣化した・・・という感触はない。
    • 少なくとも4302の頃と同等の耐性はある。
    • それ以上の耐性があるか、また長時間利用時の安定性、スリープ復帰時の安定性がどこまであるか、などは今後ゆっくりと時間をかけて調べる予定。
      (ただし Windows10にアップグレードする予定なので、正確な比較はできない)

このページの内容は以上。