GPTディスクのお勉強 (128MBの不明な隠し領域)

「GPTディスクなのにMSRがないPC」「手動で隠し領域を削除しようとしている人」などが見受けられるため、注意喚起としてこのページを作成しています。

GPT,予約領域,MSRなどについて。

GPTディスクのお勉強 (128MBの不明な隠し領域)

2015.09.04: 後日公開予定としていたページを作成。リンク追加

GPTディスクには「MSR」という予約領域がある。
Windows標準の機能を使っている限り全然見えない部分だけど、サードパーティ製のDiskバックアップツールなどを利用するとその存在を確認できる。
GPT MSR
▲クリックで拡大
赤枠部分がMSR。
GPTフォーマットで作成した HDD/SSDには、見えない予約領域が存在している。

ネット上で色々な人のPCを見ていると
 「GPTディスクなのにMSRがないPC」
 「手動でMSRを削除しようとしている人」

などが見受けられ、ちょっと無茶してるんじゃない?と感じる事があるため、注意喚起として このページを作成しています。

と言いつつも、私も大雑把にしか学んでいない分野なので、このページもかなり大雑把でざっくりしたモノになっています。
個人的なメモページの意味合いが強いかもしれません。

はじめに

Windows上で、MBRディスクとしてフォーマットしたデータ用ドライブを、後からGPTに変更してフォーマットした場合でも、MSR 予約パーティションはしっかり作成されます。

MSRのないGPTディスクはドコか異常です。

MSRって何なの?

どうやったら確認できるのか

サードパーティ製の高機能なディスクユーティリティを使うと、この領域を確認する事ができる。

※このページのTOPと同じ画像
GPT MSR
▲クリックで拡大
上図は Paragon Backup & Recoveryを使って我が家のDisk領域を表示させた図。

  • 赤枠で囲った部分が「MSR」
  • Paragonでなくても、大抵のバックアップツールならば、このMSR予約領域を確認できる。
  • MSRは Windows OSをGPTインストールした時だけ作成されるんじゃないの?データ用ドライブは、GPTフォーマットしても MSRは作られないんじゃないの?
    • という話もあるけれど、上図のE/Fドライブ、Xドライブは一度も起動ディスクとして使った事はない。

 

同じPCで、「ディスクの管理」を開いてみた所
GPT MSR (ディスクの管理)
▲クリックで拡大
Windows標準の「ディスクの管理」では、MSR(予約パーティション)の存在を確認することはできない。
普段は全く気にならない存在なのだ。

MSRは、Windows起動ドライブ専用なのか? ほかのドライブでも必要なのか?

起動ドライブじゃない場合はMSR不要なんじゃない?という考えがあるみたいだけど、それは違う。
Windows 標準のディスクの管理で「データドライブをGPTディスク化」した場合でも、しっかりMSRは作成される。

Windows10上で GPTディスクを作成し、再確認してみる
Windows10上で GPTディスクを作成
▲クリックで拡大
MBR ディスクを GTP ディスクにする場合は、まずボリュームを削除してまっさらな状態にしてから変換しよう

  • 我が家のちょっと特殊な接続をしているDisk (SCSI接続と認識される、Marvell SATA6G ポート/このドライブはOS起動不可) をMBRからGPTに変換して確認してみます。
  • 起動ドライブ以外ではGTPが不要であるならば、正規の手順でGPT変換してもMSR領域は作成されないはず。

 

注意:
ボリューム削除しなくてもGPTディスクに変換できるように見えるが・・・
Windows10上で GPTディスクを作成
▲クリックで拡大
この画面をみて一度「ダイナミックディスク」に変換すれば、そのままでもGPTディスクに変換できるかな~?なんて思う人もいるかもしれないが、人柱精神のない人は止めておこう。

 

GPTディスクへの具体的な変換手順

長くなったので手順は別ページに記載
WindowsでMBRディスクをGPTディスクに変換する手順

普通の手順でボリューム全削除して、その後にDiskをGPT変換すればOK。

GTPディスクに変換した後

「ディスクの管理」上でMBRディスクをGPTディスクに変換し、もう一度 Paragon Backup &Recovery を使って我が家のDisk領域を表示させてみた。
GPTディスクに変換後
▲クリックで拡大
Windows上で、データ用ドライブを後からGPTに変更してフォーマットした場合でも、MSR 予約パーティションはしっかり作成される。

まとめ

以下には、このページ上では全く語っていない内容がいきなり出てきますが、色々まとめると以下です。

  • GPTディスクにはMSR 予約パーティションは必要。
     ・インストールディスク(Cドライブ)でなくてもMSRは作成される。
  • MSR領域のないGTPディスクというのはおかしい。
     ・GPTディスクの作成に失敗している。作成手順が間違っている。
     ・何らかの方法で、自分で削除している。
  • 通常MSR領域は128MBだが、もっと大きい方が良い、という話もある
    (後日別ページで紹介)
  • WindowsのインストールDiskの場合、「MSR領域の前」に「EFIシステム領域」が作られる。

このページの内容は以上です。



次のページへ
前のページへ
GPTディスクのお勉強 (128MBの不明な隠し領域)
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> HDD・SSDのTips
WindowsでMBRディスクをGPTディスクに変換する手順
メモ: HDDやSSDの先頭 1MBの未割り当て領域は何だろう?
ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にする・削除する
HDDの512E、4Kセクター、AFT、非AFT、4Kネイティブの違い

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/09/04(2015年08月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8