今更なお話になってしまうのですが、すでにサポートが終了している QuickTime を Windows PC で使う方法をメモしたページです。

このページの方法を使うと、Adobe Premiere Proなどの書き出しで QuickTime を選択した際に「フォト jpeg」などのコーデックが利用できるようになります。
Adobe Premiere Proなどの書き出しで QuickTime を選択
▲クリックで拡大
いまだに「動画はmovでよこせ」と言ってくる相手がいる場合に使います。
あと、音源にPCMを利用する場合も、(Premiere Pro の Mpeg2 や h.264 でPCM出力するとブルーレイ化する時を除くと色々面倒なので) movで出力したりします。

参考: QuickTime をインストールする前でも使えるコーデック類はこれだけ。
QuickTime をインストールする前でも使えるコーデック類
▲クリックで拡大

スポンサー リンク

このページの対象

Windows 7/8.1/10
手元のPCでは、Windows 10 Creators Updateで作動確認した。

はじめに注意

QuickTime はすでにサポート終了している

Applerは2016年4月20日にQuickTimeのサポート終了している
Apple、QuickTime for Windowsのサポート終了を正式に告知していたことが判明 -INTERNET Watch
2016年4月の時点で QuickTime Player には脆弱性が報告されています。
Appler はサポート終了を表明し、この脆弱性は修正されていません。

インストーラーにも脆弱性がある事が報告される

2017年6月、インストーラーにも脆弱性がある事が報告されている。
「QuickTime for Windows」のインストーラーに脆弱性 -INTERNET Watch
アプリケーションと同じディレクトリに同名のDLLファイルが置かれていると、そちらを優先して実行してしまいます。

以下、自己責任技です。何らかの理由でやむを得ずmovファイルを作成しなければならない時のみ利用する事。

ざっくり説明

QuickTime Playerはインストールしない。QuickTime のコーデックのみを利用する。
QuickTime Essentials のみをインストールすればOK。
movの再生は、よっぽどの事がない限りVLCやMPC-HCで何とかなる。

インストール手順

まずは Windows版 QuickTime をダウンロードする。
ダウンロード - QuickTime 7.7.8 for Windows (最終版)

ダウンロードした「QuickTimeInstaller.exe」
QuickTimeInstaller.exe
これをダブルクリックして、インストーラーを実行します。

インストーラーが起動します。
QuickTimeのインストーラーが起動
▲クリックで拡大
「次へ」を選択します。

使用許諾書が表示されます。
QuickTimeの使用許諾書
▲クリックで拡大
「はい」を選択します。

セットアップ画面が表示されます。
セットアップ画面でカスタムを選択
▲クリックで拡大
この画面で「カスタム」を選択します。

ここの手順が重要です。
重要:インストールするプログラムは「QuickTime Essentials」のみ
▲クリックで拡大
インストールするプログラムは「QuickTime Essentials」のみにします。
「QuickTime Player」など他のプログラムは「X」の状態にします。
この状態で「次へ」を選択します。

次にインストール場所を指定します。
インストール場所の指定
▲クリックで拡大
特にこだわりがない場合、初期設定のままで良いかと思います。

ここで「インストール」を選択すると、実際にインストールがはじまります。

インストール中の画面
インストール中の画面
▲クリックで拡大
しばらく待ちます。

この画面が出た所で「完了」を押せば、インストールは終了です。
インストール完了画面
▲クリックで拡大

Adobe Premiere Pro などの QuickTime の書き出しに対応した 動画変換ソフトを確認すると、ビデオコーデックに新たな選択肢が追加されている事が確認できます。
Adobe Premiere Proなどの書き出しで QuickTime を選択
▲クリックで拡大

追記: 余計なアプリを削除する

上記の手順で QuickTime Essentials のみがインストールされる筈ですが、実は余計なアプリもインストールされてしまっています。

不要アプリを削除している所
不要アプリを削除している所
▲クリックで拡大
iTunes for Windows など、他のApple製アプリをインストールしていない場合、「Apple Software Update」は不要です。(QuickTimeはもうアップデートされないため)

「Apple Application Support」を削除すると、折角インストールしたコーデック類が使えなくなるのでそのまま残しておきます。

このページの情報は以上です。