K-Lite Codec Packの設定・使い方1: Codec Tweak Toolの設定

K-Lite Codec Packの設定・使い方を解説したページです。ここでは、Full版をインストールした際にスタートメニューに登録されるツールやConfig画面について解説しています。

K-Lite Codec Packの設定・使い方1: Codec Tweak Toolの設定

K-Lite Codec Packに同梱されたCodec Tweak Toolを中心に、K-Lite Codec Pack Full版をインストールした際にスタートメニューに登録されるツールや、Config画面について解説しています。

K-Lite Codec Pack
▲K-Lite Codec Packをインストールすると、上記の様に沢山のコーデック・フィルター・ツール類がインストールされます。Codec Tweak Toolは、これらの大半を一元管理してくれるツールです。
(tweak = 細かく調整する、という意味)

関連ページ

  ・K-LiteCodec Pack
  ・K-LiteCodec Packのインストール方法
  ・K-LiteCodec Packの使い方1:Codec Tweak Toolの設定 (このページ)
  ・K-LiteCodec Packの使い方2:インストール直後にやっておきたい設定
  ・K-LiteCodec Packの使い方3:不具合・再生トラブル解決方法
その他コーデックパック一覧
  ・何でも再生!おすすめコーデックパック 一覧

 

はじめに

このページは、全部読むともの凄く面倒臭いページになっています。
重要な部分は、テキスト・画像ともに赤い文字を利用しています。要点だけ読みたい人は、赤い文字だけ追いかければ済むように書いてあります。(中盤まで赤い文字は殆どありません)

※いつもの2~3倍詳しく書いているのは、設定が面倒臭い上、インターフェイスも煩雑で私自身もすぐに忘れそう&覚えにくいものだったから。

 

K-Lite Codec Packでインストールされるツール類一覧

この項目は、使い方解説というよりインストールされるツール・スプリッターのリスト紹介です。
ここは読み飛ばしてもOKな項目です。
K-Lite Codec Pack(Full版)をインストールすると、Windowsスタートメニューに表示されるツールの一覧。

1.Codec Tweak Toolメニュー
codec tweak tool
スタートメニュー > K-Lite Codec Pack > codec tweak tool > All options
にアクセスすると、ほぼ全ての設定を管理できるツールにアクセス出来ます。
All Optionsより下に登録されているメニューは、すべてAll Options(codec tweak tool)から選択可能です。

2.Configurationメニュー
Configuration
▲スタートメニュー内の Configurationグループ
インストールされたコーデックやスプリッター類を、個別に調整したい場合にアクセスします。
各コーデック・スプリッターの設定方法は、個別に覚える必要があります。
(上記の大半はAll Options(codec tweak tool)から設定可能)

3.Tools メニュー
Tools
▲スタートメニュー内の Toolsグループ
その他のツール類がこのグループに登録されています。
それぞれが、使いこなせるとかなり便利なツールです。
各ツールの使い方は、ここでは割愛します。ツール名を検索する事で、解説サイトを見つける事が可能です(現時点では当サイト内に解説ページはありません)

 

以下、Codec Tweak Toolの設定解説です。

Codec Tweak Tool

K-Lite Codec Packの設定は、「codec tweak tool」というツールで一元管理されます。
codec tweak tool
▲クリックで拡大: codec tweak tool
(スタートメニューの「All Options」からも同じツールにアクセスできます。)

ここから多くのフィルター類・コーデック類の管理が可能。
再生を含めK-Lite Codec Packの様々な設定が、ほぼここから行えます。

ちなみにCodec Tweak Toolを単体でダウンロードしたい場合は
  Codecs.com:: Download Codec Tweak Tool
から入手できます。(私は単体での入手・作動確認はしていないです)

個人的メモ
Codec Tweak Toolは扱える項目が非常に多く、またGUIがあまり洗練されていないため、初心者~中級者には非常に難しいものになっています。
K-Lite Codec Packで再生に不具合が出た場合や、思い通りに再生出来ない場合などは、サクっと別のコーデックパックに乗り換えた方が幸せになれるかもしれません。 →
コーデックパック一覧ページ

 

Codec Tweak Toolメニューの詳細・使い方

ここからが本題です。

以下は、Codec Tweak Toolを開いた画像。
codec tweak tool
▲クリックで拡大
上記を個別に解説します。

ちなみに、動画再生に関して重要な項目は、
(1)Fixes
(6)Manage source filters
(5)Manage DirectShow Filters
(10)DirectShow filterconfiguration
の4つです。うまく再生出来ないトラブルが発生したら、まずはこの4つの項目を表記した順に調整してみましょう。

また、以下で解説する操作は
設定変更
▲各画面下の「Apply」または「Apply&Close」をクリックすると、変更した設定が有効になります。

個別の設定項目

  • (1)fixes :壊れたコーデックやフィルターの検出
    K-Lite Codec Packは、正常にインストール出来たように見えても、内部では意外とトラブルを抱えています。まずはこの項目でエラーチェック&エラー修正を行いましょう。
    K-Lite Codec Packの使い方:Fix
    上から
    □壊れた映像(VFW)/音声(ACM)コーデックの検出と削除機能を有効にする
    □壊れたDirectShowフィルターの検出と削除機能を有効にする
    □基本的なDirectShowフィルターをレジストリに登録し直す
    □壊れたサウンドデバイスを修正
    Applyボタンを押すと、エラーの検出と共に修正ダイアログが立ち上がります。
  • (2)Reset Setting:設定をすべてリセット
    K-Lite Codec Packの使い方:Reset Setting
    チェックを入れた項目は、設定を全て初期化できます。
  • (3)Various Tweak: その他の調整項目
    K-Lite Codec Packの使い方:Various Tweak
    上から順に
    □Windows標準の動画デコーダー(DMO)でDXVAを有効にする
    □DivXのMpeg4デコーダーでポストプロセッシングを有効にする
    □デインタレースを有効にする
      □ハードウェアデインタレースを有効にする
    □DiivXのウォーターマークを表示する
  • (4)Backup Setting:変更した設定を保存
    変更した設定を、ここからワンクリックで保存できます。
  • (5)Manage DirectShow Filters: DirectShow フィルターの管理
    動画がうまく再生できなかった場合は、(6)の次にここを見直してみましょう。
    K-Lite Codec Packの使い方:DirectShow フィルターの管理
    K-Lite Codec Packで管理できるDirectShow フィルターの有効・無効を設定できます。
    とりあえず、一番下の「正しくインストールされなかったフィルター」をリセットするか、無効にするか、再度インストールしてみましょう。
  • (6)Manage source filters: ソースフィルターの管理
    動画がうまく再生できなかった場合は、まずはここを見直してみましょう。
    ちなみに(recommended)と表記のあるスプリッターがおすすめスプリッターになります。
    K-Lite Codec Packの使い方:ソースフィルターの管理
    K-Lite Codec Packで管理できるスプリッターの設定項目です。
    動画ファイルの拡張子ごとに、利用するスプリッターを指定できます。
    ※個人的な意見ですが、地デジソースを扱う場合は、MPGやTSファイルはGabestの方が良い結果が出る気がします。
  • (7)Thumbnail setting:サムネイルの設定
    K-Lite Codec Packの使い方:サムネイルの設定
    拡張子にチェックを入れると、エクスプローラー上でサムネイル表示が可能になります。
    逆にエクスプローラー上でサムネイル表示したくない場合は、チェックを外します。
  • (8)Generate logs: ログ生成
    K-Lite Codec Packの使い方:ログ生成
    エラーや不具合が出た場合に、ここからログを作成して原因を推測します。
    上段はコーデック類のシステムインフォメーションや、インストールリストなど。
    下段はそのオプションになります。excludeは「除外する」という意味。関係無さそうなログを排除するのに利用します。
    ログはklcp_codec_log.txtというファイル名で、デスクトップに生成されるようです。
  • (9)Speaker configuration: スピーカーの調整
    K-Lite Codec Packの使い方:スピーカーの調整
    自分のPCに接続されたスピーカーの種類を指定すればOKです。
  • (10)DirectShow filter configuration: DirectShowフィルター(スプリッター)の調整
    (5)(6)の調整でうまく再生できなかった場合は、ここからスプリッターそのものの設定を見直してみましょう。
    K-Lite Codec Packの使い方:DirectShowフィルターの調整
    K-Lite Codec Packで管理できるDirectShowフィルターやスプリッターの設定ツールにアクセスできます。
    ※64bit版を利用している場合は、32/64bitで二度同じ登録を行います。
  • (11)Restore setting: 設定の復旧
    以前に(4)で保存した設定に戻します。
  • (12)Manage ACM/VFW codecs: 音声・動画コーデックの管理
    この項目は、動画編集・動画変換のトラブルが起きた時に利用します。
    再生トラブルが発生した場合は、(5)(6)(10)の項目を調整したほうが良い結果が得られます。
    K-Lite Codec Packの使い方:音声・動画コーデックの管理
    コーデック類のバッティングが起きた場合は、この管理画面から一つ一つコーデックの有効・無効を選択できます。
    ※64bit版を利用している場合は、32/64bitで二度同じ登録を行います。
  • (13)Manage DMO :Windows標準の動画デコーダー(DMO)の管理
    K-Lite Codec Pack Full版では、ここはグレーアウトしているようです(私の環境だけかも?)
    よって詳細不明。

関連ページ
  ・K-LiteCodec Pack
  ・K-LiteCodec Packのインストール方法
  ・K-LiteCodec Packの使い方1:Codec Tweak Toolの設定 (このページ)
  ・K-LiteCodec Packの使い方2:インストール直後にやっておきたい設定
  ・K-LiteCodec Packの使い方3:不具合・再生トラブル解決方法
その他コーデックパック一覧
  ・何でも再生!おすすめコーデックパック 一覧



次のページへ
前のページへ
 K-Lite Codec Packの設定・使い方1: Codec Tweak Toolの設定
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> コーデックパック
mp4をmp3に変換、mp3をmp4に変換
VirtualDubModを使ったmkvファイルの作成方法
mkvtoolnix (mmg.exe) の使い方、mkvファイルの作り方
x64 Windows7にHuffyuv、Lame MP3をインストール

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2011/11/29(2011年04月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8