アドウェア付きフリーソフトのインストール方法裏技

最近増えてきた「インストーラーにアドウェアが付属」してるタイプのフリーソフトから「どうやったら簡単に身を守れるか?」を紹介しています。

フリーソフト,スパイウェア,アドウェア,裏技などについて。

アドウェア付きフリーソフトのインストール方法裏技

2014.01.10: 三番目の小技を追加しました

最近増えてきた「インストーラーにアドウェアが付属」してるタイプのフリーソフトから「どうやったら簡単に身を守れるか?」を3種類ほど紹介しています。

以下の方法は、一部のソフトにしか通用しませんが、知っておいて損は無いかと思います。

紹介する裏技リスト
  1. 圧縮・解凍ソフトでインストーラーを展開する
  2. インストール過程で生成されるtempフォルダ内のインストールファイルを利用する
  3. インターネット回線を切断してインストールを行う
  4. その他(一部セキュリティソフトはアドウェアのブロックに対応)

裏技その1:圧縮解凍ソフトを使う

殆どのインストーラーが、何かしらの技術を使ってパッケージ化され、圧縮されています。
インストーラーを解凍し、インストーラー本体を実行することで、アドウェアのインストールダイアログをキャンセル可能です。
7-ZipIZArcなどが一部のexeファイルの解凍に対応しています。

例(Shark007 Codecs)
7-Zipなどが一部のexeファイルの解凍に対応
▲クリックで拡大:

展開後
展開後
▲クリックで拡大
展開後のファイルを利用してインストールを行うと、アドウェアのインストール画面をスキップすることが可能です。

 

裏技その2:インストールの途中でtempフォルダを開く

この方法はメールにて読者の方から教えていただきました。
ありがとうございます。

まずはインストーラーを起動し、途中まで指示に従いクリックして行きます。

例:Advanced Codecs をインストールする場合
インストーラーの言語指定
▲クリックで拡大
この言語選択で「OK」をクリックした後に、インストーラーの本体がTempファイルに展開されます。

インストーラーの展開先
インストーラーの場所
▲クリックで拡大
インストーラーによりまちまちですが、多くの場合
C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Local\Temp
の中に新規にフォルダを作り、インストーラーを展開しています。

このファイルをコピーし、インストーラーをキャンセルし、コピーしたファイルでインストールを実行すれば、アドウェアのインストール画面をスキップする事が可能です。

裏技その3:インストール前にインターネット回線を切る

コメント欄で情報提供いただきました。
一部のフリーソフトの中には、インターネット接続の有無を確認して「アドウェアをネット上からダウンロードして追加するタイプ」のものがあります。

全てのインストーラーで通用する技ではありませんが、これも覚えておくと便利な小技です。

このタイプのものは、ツールをインストールする前にネット回線を切断することでアドウェアのインストールを防ぐ事が可能です。

ネット回線切断 方法
ネット回線切断 方法1
▲無線LANの場合は、タスクトレイの[アンテナ アイコン]クリック→[自分のアクセスポイント]右クリック→[切断]を選択。

ネット回線切断 方法1
▲有線LANの場合は、[コントロールパネル]>[ネットワークとインターネット]>[ネットワーク接続]から、「利用中の接続名」を右クリックして[無効にする]を選択する。

この状態でインストーラーを起動させると、アドウェアのインストールを防げるタイプのものが意外と多くあります。

注意

このページで紹介した方法は、全てのツールで通用するわけではありません。

  • インストーラーの形式のよっては、解凍ソフトで展開できない場合もあります。
  • Tempファイルからコピーしたインストーラーでも、アドウェアのインストーラーが起動する場合もあります。
  • インストーラーのパッケージ内にアドウェアが同梱されていた場合には、インターネット接続を切断しても効果はありません。

とりあえず、愛用しているフリーソフトがアドウェア付きで、頻繁にアップデートする必要がある場合などは、この方法が使えるかどうか・・・を一度試してみる価値はあるかと思います。

その他

一部のセキュリティソフトには、怪しいアドウェアのみ遮断して目的のフリーソフトのみをインストールしてくれる機能があります。

ウイルスバスターなどが、その機能を持っています。
アドウェアのブロック
▲Advanced Codecs を普通にインストールした際も、アドウェアを完全にブロックしてくれました。
スパイウェアのインストールダイアログのみ、見事にキャンセルされます。これはなかなかスゲエです。

最近のウイルスバスターは 誤検知を多発したり、OS巻き込んで作動が鈍くなったり、アップデートで反応しなくなったり・・・と色々問題を抱えていますが、こういう積極的なガード機能が裏目に出ている可能性もありますね(^_^;

 

他にもこういう「インストール時のアドウェアブロック機能」をもったセキュリティソフトってありますかね?ご存知の方がいらしたら、コメント欄やTwitter、はてブコメ欄などで教えて下さい(´∀`)ノ

余談

ぼくんちのTV別館は以前、ウイルスバスターに危険サイト扱いされた事があり、それ以来ウイルスバスター大嫌いなのですが。。。。このアドウェアブロック機能はスゴイと思ったので紹介しました。

ちなみに、どういう基準で危険サイト扱いなのかトレンドマイクロに問い合わせたら、間違いでしたごめんなさい。でも間違えた経緯については秘密です。てな内容の返事が返ってきました。
守秘義務契約書類に同意させてこちらの個人情報も出させたのに、秘密だから教えませんって答えは酷い。この場合、秘密だから教えませんって事も秘密なのか?これはINASOFTの人が激怒するのも頷ける対応でした(^_^;
※ INASOFTさんの問題がまだ熱かった時期だから、燃料投下するような気がして気が引けて、今まで黙ってた。



次のページへ
前のページへ
アドウェア付きフリーソフトのインストール方法裏技
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[5] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> まとめ | ツールのインストール手順
EaseUS Todo Backup Free のダウンロード・インストール方法
ImgBurnのダウンロード・インストール・日本語化
WinCDEmuのインストール方法
Free Video Editorのインストール方法

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2014/01/10(2014年01月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8