前ページ(Windows7でDVDAuthorGUIを使う)の簡略版です。

前ページは自分の経験したWindows7 +DVDAuthorGUIのトラブルを思いつく限り書き散らかしたもの。読み返すと非常に雑多な内容で、自分の重要視しておきたい項目に焦点が当たっていない。
なので、少しまとめなおしてシンプルに、良くあるトラブルだけ分離してページを設ける事に。

 

関連ページ

 

Windows7 + DVDAuthorGUI個人的チェックポイント

個人的に良くハマる部分を箇条書きでまとめておきます。

  1. 数ヶ月ぶりに利用する時は、アンインストール→再インストールする。
      インストールはAdministratorでログインして行う。
      英語版の最新Ver使うのがお勧め。
      付属のMpeg decoderも入れなおそう。
      古いバージョンではPS3他ブルーレイプレーヤーで再生出来ない場合アリ
    VB6ランタイムでエラーが出る場合は、DVDAuthorGUIを管理者権限で実行すれば解決する。
  2. メニュー画面の背景m2vをDVDAuthorGUI で作るのはやめよう
      1~4フレームのm2vファイルはWin7+DVDAuthorGUIで表示は難しい。
      DirectShow Filter Toolの設定を変更する必要もある(項目4.で簡略解説)
  3. メニューの背景動画1~2秒でループ設定にするの禁止
      1~2秒の背景に20~30秒のBGMを付けるのも禁止。
    ループ設定
    ▲1分以上、BGMありならこの設定でも良いかも。
     基本は[ループさせない]にチェックを入れてループ禁止にしておく。
  4. Win7codecs等を利用してDXVAを切ってみよう
      Win7codecsで[old MPG's] にチェックを入れると、
      短いm2vファイルも利用出来るようになるかも。
      また、DVDAuthorGUIメニュー編集画面右下の[→←]アイコンはプレビュー再描画ボタン。
    Title1にダミー動画を入れる
      2~3秒のブランク動画でOK
      これしておかないと、一部再生機器で最初にメニュー画面に飛べない。
      ファーストプレイをTitle1にしておく
  1. [メニューバー]>[ツール]から、多重化エンジンを変更する。
      初期設定の多重化エンジンだと、一部の再生機器や
      私のPC環境のMPC-HCで再生時に引っ掛かりがある。
      メニュー作成エンジンを変更はしない方が良い。
  2. ボタンを自作する場合は、[C:\Program Files (x86)\DVDAuthorGUI-J\Buttons]内のサンプルを流用すると便利
      サンプルbmpのインデックスには透明カラーが含まれている。利用すべし。
      ちなみに[選択時][実行時]全部含めて4色まで。
      (透明部分を含めると実質3色まで)
      出来るだけ白黒に近い色でボタン作成する事。
      派手な色はオーサリング時に色化けする。
  3. ISOを焼く前にMPC-HC とVLC両方で再生チェック!
      VLCでメニュー部分が正常に再生出来れば、家電機器でメニュー操作可能。
      MPC-HCで本編に引っかかりが無ければ、家電機器で再生時引っかかりなし。
      MPC-HCではメニューのハイライトが無効になっても気にしない。
     ※あくまで現時点までの個人の経験則。役に立たないかも。

 

とりあえず、上記を覚えておかないとWindows7で安定してDVDAuthorGUIを利用するのは難しい。次にDVDAuthorGUIを利用するのは半年後ぐらいになりそうだけど、コレ書いておけばすんなりとオーサリング出来る(と思う)。

 

関連ページ