Speed Boosterの被写界深度を確認しなおしてみる4(実写比較)

「m4/3用レンズ」と「フルサイズ用レンズ+SpeedBooster」で、画角を揃え、F値を変えながら撮影し、実際のボケ量の変化を確認してみました身病な結果が出て困惑です。

Speed Boosterの被写界深度を確認しなおしてみる4(実写比較)

※初出時、画像に間違いがあったので画像差し替えしています

またまた前回更新の続き。
「m4/3用レンズ」と「フルサイズ用レンズ+SpeedBooster」で、画角を揃え、F値を変えながら撮影し、実際のボケ量の変化を改めて確認してみました。

3つのレンズで計14枚の撮影を行い、こんな感じで並べてみました。
ページ中盤の比較表のサムネイル
▲クリックで拡大
※上図はサムネイル画像です。ページ中盤に各画像へのアクセスリンクを用意しています。
表形式にして並べてみましたが、微妙な結果が出て困惑です。

事前予想

前回更新時の図を元にすると、
検証の予想図
▲クリックで拡大

  • フルサイズのレンズ読み
     50mm F5.6
  • Speedbooster経由
     35mm F4.0相当になる。
  • m4/3センサーの場合
     レンズ+Speedboosterの光は「35mm F4.0」で変わらない。
     ただし、中央をクロップしたデータとなる。
  • m4/3用のレンズで同じ画角、同じボケ量を再現する場合
     35mm F4.0
    (これはAPS-Cセンサー+APS-C用レンズの場合 50mm F5.6相当)

こういう結果になると思っていました。
しかし、実際の比較結果は、レンズによってボケの傾向や周辺の歪曲が全然違ってしまい、また微妙に画角も違っていました。

多分予想通りの結果なのですが、比較が非常に困難です。

前回更新までの内容で、Speedboosterを使った際の画角やボケ量について、一度は理解したつもりになりましたが、本当にこれで合っているのかどうか、(多分あってると思うけど)再び自信がなくなってきました(^_^;

検証に使った機材

  • Lumix GH4
  • Lumix VARIO 12-35 F2.8
  • Canon NFD 50mm F1.4
  • Canon EF 24-85 F3.5-4.5
  • SpeedBooster NFD to m4/3
  • SpeedBooster EF to m4/3 S

実写比較データ

  • ボケが同じ位に見えるよう、横に並べています。
  • Speed Booster EF to m4/3 は電子接点を持っており、カメラ側には1段明るくなった後のF値が伝わっています。
    (絞り輪が無いので実際のF値は不明)
  • 以下サンプル、いずれもクリックすると別窓が開きます。
    • ※注意
      画角や歪曲収差がレンズ毎に異なっており、比較し難いです。
      この画像で無理して比較する必要はありません。
      ページ後半に画角と歪曲を補正した比較サンプルがあります。
フルサイズ換算のF値NFD50 F1.4 +Speedbooster
50mmで撮影(36mm相当)
絞り値はレンズの表記
(1段明るくなる前)
EF24-85 F3.5-4.5+Speedbooster
50mmで撮影(36mm相当)
絞り値はカメラ側で読み取り
(1段明るくなった後)
VARIO 12-35 F2.8
35mmで撮影
F1.450mm F1.4の画像1.0
(レンズの実際のF値は1.4)
1.0
F2.050mm F1.4の画像1.4
(2.0)
1.4
F2.850mm F2.8の画像2.0
(2.8)
2.0
F4.050mm F4.0の画像50mm F2.8の画像35mm F2.8の画像
F5.650mm F5.6の画像50mm F4.0の画像35mm F4.0の画像
F8.050mm F8.0の画像50mm F5.6の画像35mm F5.6の画像
F1150mm F8.0の画像35mm F8.0の画像
F16

※「フルサイズ換算のF値」という表現が変なのは理解していますが、良い表記方法を思いつけず、このような表記になっています。(m4/3機で撮影しているため、センサー面積は1段分小さい。ここのF値はもう1段大きく書くのが正しいかも?)

私の考えが正しければ、以下画像のボケ量が同じになっている・・・はず・・・

同じになってるはずなのですが・・・画角も歪曲収差も微妙に違っていて、、、これは比較し難いですね・・・(^_^;

m4/3 12-35(35mm) F4.0
35mm F2.8の画像
▲クリックで別窓表示

EF 24-85 (50mm) F4.0 (レンズの実絞りはF5.6)
50mm F2.8の画像
▲クリックで別窓表示

NFD 50 F1.4 (50mm) F5.6
50mm F5.6の画像
▲クリックで別窓表示

画像補正して画角を揃え、重ね合わせてみる

若干のリサイズと歪曲補正をして、画像を重ね合わせてみました。
ボケ量は変えていません。

NFD 50 F1.4 (50mm) F5.6 ・・・約92%縮小のみ
NFD 50 F1.4 (50mm) F5.6 ・・・約92%縮小
▲マウスカーソルON/OFFで画像が切り替わります。
※()内が実際のレンズの焦点距離とF値
 ()外はSpeedBooster利用時の概算値
三脚使っていたのですが、レンズ交換時に微妙にカメラが動いていますね(^_^;

EF 24-85 (50mm) F4.0・・・・約92%縮小+強引に歪曲補正+ピントが合った部分のみシャープネス適用
12mm と 18mm を比較
▲マウスカーソルON/OFFで画像が切り替わります。
※()外はSpeedBooster利用時の概算値
 ()内が実際のレンズの焦点距離とF値

今回の比較検証はここまで。
一旦まとめてみます。

雑感

  • フルサイズ F5.6~F8あたりのボケが比較しやすい感じ。
    (これより明るいF値で比較できるレンズを持っていない(^_^;)
  • とりあえず、
    「m4/3のF2.8のボケ量」と「SpeedBooster装着レンズの(換算後の)F4.0のボケ量」は同じ、
    (つまり仮説どおり)ってな感じには見えます
  • でも、検証画像の見方によっては
    「m4/3のF2.8のボケ量」=「SpeedBooster装着レンズの(換算後の)F5.6のボケ量」
    という感じにも見え、VARIO 12-35 F2.8のもう1段分ボケ量が少ない感じもします。

 

うーん。複数のレンズでボケ量の比較って難しいですねえ。

レンズの画角が合わないこと、レンズの開放時の描写やボケの特徴が違うこと、歪曲収差が違うこと、NFD 35-105とEF 24-85の撮影最短距離が約50cm程度なこと・・・などなどの理由で(フルサイズ換算の50mm F5.6~F8.0付近の)1段分のボケ量の差は、誤差程度にしかならない・・・という感じもしてしまいます。

あとがき

実写テストが非常に分かり難い結果になってしまった事も含め、自分の中では、まだ釈然としない部分があります。
色々と図を作ってみて、次回更新でもう少し整理してみます。。。

と言う事で、もう少しだけ続きます。。。

【国内正規品】METABONES製 マイクロフォーサーズ M4/3用 電子接点付キャノンEF Speedboosterアダプター
METABONES



次のページへ
前のページへ
Speed Boosterの被写界深度を確認しなおしてみる4(実写比較)
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> マウントアダプタ
EF 24-85 F3.5-4.5 USM試し撮り。これは何かのギャクなのかwww
SpeedBooster EF to m4/3 SをファームアップしてAF可能にしてみた
SpeedBoosterのファームウェアのアップデート方法
Speed Booster EF to m4/3 にAF機能キタ!既存ユーザーもアップデート可能ヾ(*´Д`*)ノ

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/07/26(2015年07月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8