LUMIX G VARIO 新14-140mm /F3.5-5.6の写真画質チェックページ

新14-140レンズの画質チェックです。GH3で撮影。比較対象は主に12-35。(画質悪いけど)PZ14-42や旧14-140の画像サンプルもあり。

LUMIX G VARIO 14-140mm /F3.5-5.6,画質,サンプルなどについて。

LUMIX G VARIO 新14-140mm /F3.5-5.6の写真画質チェックページ

7 月21日の投稿で掲載予定だった GH3 + LUMIX G VARIO 14-140mm /F3.5-5.6 (以下「新14-140」と表記) の撮影サンプル(主にスチル)を掲載したページです。

まえがき

他のカメラ・レンズマニアな方のサイトと比べれば遥かに品質の低いページです。特にページの後半 (動画切り出し比較の項目)を読むと、私がどれくらいヘボいか良く分かるかと思います('Α`)

と言うことで、駆け出しのヘナチョコが自分用でチェックする為に作成したページ・・・というレベルです。

比較用データあり

比較用に、ページ内には以下のサンプルもあり。
 12-35 (GH3)
 14-42 PZ (GX1)
 旧14-140 (GH1)(ただし動画切り出しのみ)

※旧14-140は知人から借りた物で、借りた当時、スチルは家族中心に撮影し、特定されると困るような写真ばかり写してたので公開できないです。。。

新14-140の画質レビュー

  • 12-35mmレンズと比較すると
    さすがに少しボンヤリした画像。
    と言いつつも、等倍拡大しなけりゃ解らないレベル。
  • 周辺の流れとか収差とか片ボケとか
    10倍ズームになるとその辺の品質がかなり落ちるんじゃないの?・・・ってなことが気になっていたけれど、テキトーに撮影する分には全く問題無いレベルだった。
  • 旧14-140と比較すると
    この検証この検証の中間くらいの結果になった。
    レンズの個体差が結構大きいのかもしれん。
    他のサイトでも書かれている通り、新レンズは中央部の解像はやや甘い。
    とは言えその差は非常に僅か。等倍拡大して凝視して、ようやく僅かな違いに気が付くレベル。
    周辺部の流れや収差は新レンズの方がかなり優秀に感じる。
  • その他
    新14-140は不自然なくらい発色が良い。
    「ポップな感じ」と表現すれば良いのか?
    それをわかって使う分には、これは面白い。
  • 画質以外のレビュー
    以前掲載した「Panasonic の新14-140mm F3.5-5.6レンズ購入しました」の方で書いています。

新14-140のJPEG生データ サンプル

家の周辺で何枚か取ったら、なんがか画面右上が片ボケしてるかも・・・と感じてしまったので、近所の公園に持ち出して流しでテスト撮影。

いずれもGH3 + 新14-140レンズ。
 ・無劣化圧縮のみの撮影データなので、1枚あたり 7MB以上あります。
 ・クリックすると別窓で表示されます。

GH3 + LUMIX G VARIO 14-140mm /F3.5-5.6
F11撮影
▲F11、f19mm (別窓表示します)
色が鮮やかになるよう撮影モードを「風景」にしていたとは云え、かなり良い発色で写せています。

比較用:GH3+12-35mm F7.1の画像
12-35mmF7.1撮影
▲F7.1、f19mm (12-35mmレンズ) (別窓表示します)
細部までクッキリしてます。等倍拡大しないと解らないですが、結構違います。
あと、これも撮影モードを「風景」にしてましたが、色が落ち着いています(色の再現性という意味では12-35の方が正確)

比較用:PZ 14-42mm(GX1)の画像
GX1+PZ14-42mm F5.6撮影
▲F5.6 f42mm (GX1+PZ14-42mm) (別窓表示します)
撮影した画角がチョット違うけど(^_^;
細部が非常に甘い。色調もなんか不自然。
フォーカスが甘いのは、PZ14-42のファームウェアが古かったのかもしれん。
(1日で手放しちゃった機体なのでファームの確認してなかった。)

以下、再び新14-140(GH3)のサンプル画像

フォーカスはいずれも中央~右奥の樹木にあわせています。
画面左側がボケている画像がありますが、片ボケではなくフォーカスが合っていない状態です(^_^;

F11撮影
▲F11、焦点距離19mm 2枚目 (別窓表示します)

F3.7撮影17mm
▲F3.7 焦点距離17mm (別窓表示します)

F4.5 34mm撮影
▲F4.5 34mm撮影 (別窓表示します)

さすがに周辺部のフォーカスや色収差はやや甘い感じかな?と思うけど、片ボケは無い感じ。良かった良かった。
画質も甘いとは言え、全く気にならないレベルだし、10倍ズームならこんなモノなんでしょうねえ。

その他撮影データ

全部生データで貼るとトンでもない容量になるので、ここから下は横幅1440px(500kb前後)に縮小し、画質もやや落として掲載。

クリックするとページ内で拡大します。
F3.5 14mm
▲F3.5 14mm
F8-140mm
▲F8-140mm
F8.0 46mm
▲F8.0 46mm
F5.6 65mm
▲F5.6 65mm
F4.6 37mm
▲F4.6 37mm
F4.9 46mm
▲F4.9 46mm
F8.0 102mm
▲F8.0 102mm
F8.0 102mm
▲F8.0 102mm
 
 

軽く画質チェックしただけなんだけど、横幅1440px (約30%縮小)した画像では、フォーカスの甘さもレンズ周辺の流れや色収差も、個人的には全く気にならんレベルです。A4プリントまでなら12-35mmレンズとの見分けは付かないかも(^_^;

動画切り出しサンプル(旧14-140レンズとの比較など)

旧14-140mmレンズのデータは、今年5月に hacked GH1をお借りした時のモノ。
撮影時期が3ヶ月違うので、日光の強さや樹木の茂り方が随分違いますが、ほぼ同じ時刻に同じ場所から撮影しています。

hacked GH1 +旧14-140mmレンズ(FHD24P 45Mbps)
GH1 + 旧14-140mmレンズ
▲クリックで別窓表示

GH3 +新14-140mmレンズ(FHD24P 50Mbps)
GH1 + 旧14-140mmレンズ
▲クリックで別窓表示

GH3 +新14-140mmレンズ(FHD24P 24Mbps)
GH1 + 旧14-140mmレンズ
▲クリックで別窓表示

(GH1とGH3の画質差や季節の差などはとりあえず無視するとして)動画撮影で考えた場合、レンズ周辺の流れが少ない新レンズの方が良い結果が得られそうです。
中央部分の解像力の差は、FHDサイズなら同じレベルと考えて良さそうですねえ。

 

レンズの差より腕の差が・・・

ちなみに、上の新旧14-140の動画切り出し画像は
 ・GH3+新14-140レンズの撮影は、セッティングを練りに練り直して行ったもの。
 ・GH1+旧14-140レンズは、撮影は私が行ったものの、カメラの設定はGH1の持ち主がその場で一発調整してくれてたモノ
です。

以下は、私が一発調整した時のデータ
GH3 +新14-140mmレンズ(FHD24P 24Mbps)
GH1 + 旧14-140mmレンズ
▲クリックで別窓表示

GH3 +12-35mmレンズ(FHD24P 24Mbps)
GH3 + 12-35mmレンズ
▲クリックで別窓表示

ビットーレートは違いますが、「私の一発調整したGH3で撮影したデータ」は「ベテランさんの一発調整したGH1+旧14-140撮影したデータ」に大きく負けています。12-35撮影すら、旧14-140に負けています。なんか、絵全体がモワァ~ってなってます。。。

Panasonic マイクロフォーサーズ用 交換レンズ LUMIX G VARIO 14-140mm /F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S. ブラック H-FS14140-K
パナソニック (2013-05-30)
売り上げランキング: 3,320

 

今の私の腕前では、何度もテスト撮影繰り返さなければ、GH3の実力を発揮させる事は難しいようです('Α`)

レンズの画質云々を語る前に、カメラの腕を鍛えなければ・・・・。
ブログ用に動画を切り出して比較してみて、カメラセッティングの差に愕然としてしまいました('Α`)



次のページへ
前のページへ
LUMIX G VARIO 新14-140mm /F3.5-5.6の写真画質チェックページ
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


サイト内おすすめページ
スポンサー リンク

 

関連記事(ぜんぶ見る>> 充電池・バッテリー・レンズ
ハック済みGH2/GH1がフリーズしてしまう現象メモ
デジカメ動画: GH1/GH2長時間撮影時のエラーメモ
デジカメ動画:ローライト(暗所)撮影のTips
デジカメ、CMOSセンサーの耐久性・寿命についてメモ

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
ドスパラ amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2014/10/01(2013年07月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)

スポンサーリンク


このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8