※このページの情報は古くなっています。
 2017年4月12日以降の問題は 以下のページで取り扱っています。

Windows Updateが終わらない問題の対処方法 2017年1~4月版
※2017年4月分の更新は Windows 10/8.1/7/Vista の情報を1ページにまとめています。
※Vistaは他サイトリンクの紹介のみ。

 

以下、基本的に古い情報となります

サイト内「Windows Updateが終わらない問題2016年4月版」から派生したページです。手元のPCでWindows Updateを行った際の「PCの挙動」をチェックした時のメモを残したページです。(検証期間:2016年4月13日~21日)

このページの最下段の「おまけ検証」の項目を読むと、「ダウンロードが0%から進まない問題」を解決するヒントが得られるかもしれません。(あくまでもヒント)

KB3138612とKB3145739の手動インストール検証

KB3138612とKB3145739の手動インストールで、手元のPCでも「時間がかかる問題」が解決する事が確認できました。
Windows Updateを開始してから、およそ4分で確認終了。
▲クリックで拡大
Windows Updateを開始してから、およそ4分で確認終了。その後のダウンロード開始も一瞬で始まりました。

※参考用1
同日、同じ環境のPC (KB3145739未インストール時) のテスト
KB3145739未インストール時 のテスト
▲クリックで拡大
1時間待っても更新リスト取得できなかった。
※KB3138612 は3月初旬にインストール済み。

※参考用2
KB3145739未インストール、Windows Update コンポーネント リセット、トラブルシューティングツール実行後のテスト
KB3145739未インストール、Windows Update コンポーネント リセット、トラブルシューティングツール実行後のテスト
▲クリックで拡大
40分待っても更新リスト取得できなかった。
※KB3138612 は3月初旬にインストール済み。

スポンサー リンク

問題発生中のPCの挙動

「更新プログラムの確認」に異様に長い時間がかかる問題が発生している最中のPCの挙動は以下。

リソースモニターを開いた所
Windows Update中にリソースモニターを開いた所
▲クリックで拡大
「更新プログラムの確認中」「ダウンロードが始まらない状態」ともにこんな感じ。

  • CPUはコア1個分フル回転し、メモリも大量に消費しているけれど、ディスクアクセスやネットワーク通信は殆ど行われていない。
  • Windows Updateのコンポーネントやデータベースをチェック、または悪意のあるプログラムのスキャン・・・・等々の作業をしているんだろう。けど・・・
  • 実際に何をやっているのかは全然わからない(´・ω・`)

「更新プログラムの確認」に時間がかかる問題、手元の検証

以下、手元のWindows7機4台で検証した結果。

「更新プログラムの確認」にかかった時間
A機 ・・・・・ 2時間10分
B機 ・・・・・ 1時間5分
C機 ・・・・・ 50分
D機 ・・・・・ 1回目 5分、2回目 5分
E機・・・・・・ 1回目 50分、2回目 1時間5分
※PCの状態チェックは5分おき。
 A~C機は 4/8 ~ 4/12 に5~6分で更新の確認が終わった機体。
 D機はOSクリーンインストール直後。

 E機は3/13頃に5~6分で更新の確認が終わった機体。
 あと2~3回検証しているけど時間計っていない

A機・・・・VMware上のPC
  7 SP1 64Bit Home版/ストレージSSD/メモリ4GB
  
GWX Control Panel でWin10化を阻止検証している機体。
  過去のKBは全部インストールしている。
  OSインストールから数年経過。
  様々な検証や危険サイトの巡回用途としてかなり使い込んでいる。

B機・・・・VMware上のPC
  7 SP1 32Bit Enterprise 試用版/ストレージHDD/メモリ3GB
  7無印からのアップグレード。
  過去のKBは全部インストールしている。
  OSインストールから40日経過。
  Windows Updateの検証用機体。それ以外ではあまり使い込んでいない。

C機・・・・実機 (ノートPC)
  7 SP1 64Bit Home版/ストレージSSD/メモリ4GB
  「Windows10を入手するアプリ」で勝手に予約される問題の検証用PC。
  
過去のKBは全部インストール済み。
  一度Windows10にアップグレードしたモノを今年2月にリカバリーした。
  リカバリー以降、ほとんど利用していない。

D機・・・・VMware上のPC
  7 SP1 64Bit Home版/ストレージHDD/メモリ4GB
  今月分のWindows Update検証用。3日前にクリーンインストール。
  ライセンス認証していない。
  KB3138612 のみを先にインストール済。
E機・・・・・VMware上のPC
  7 SP1 64Bit Home版/ストレージSSD/メモリ4GB
  A機と同じ機体。GWX Control Panel を使う前 (3月20日頃) のスナップショット。
  ニッチなPCゲーマーの環境構築さんの「WindowsUpdateで入れなくても良いKBリスト」を参考にWindows Update クライアントをKB2887535まで戻し、その他のWindows10関連、テレメトリ関連のKBも全て削除(3月はこの環境で更新の確認はすぐ終わった)

  様々な検証や危険サイトの巡回用途としてかなり使い込んでいる。

「更新プログラムの確認に時間がかかる問題」の解消方法模索

上記の検証機体 A機、C機、E機 で、思いつく限り色々と検証してみた。
しかしいずれも効果なし。
過去に発生した同様の問題とは別の原因で発生している感じ。
後述するけど、PC環境によっては以下の対処方法で悪影響が出る。

以下はいろいろ試してみた結果。
※更新の確認に60分以上かかる場合は「効果なし」とした。

「効果なし」と判断した対処手順いろいろ

  1. KB3138612など最新のWindows Updateクライアントを先にインストールする
    効果があったのはOSクリーンインストール直後のみ。
    それ以外の環境では効果はなかった。
  2. ディスククリーンアップ
    効果はなかった。
    (ただし 同PCは4/10頃にもディスククリーンアップを実行していた。)
  3. 手動でWindows Updateコンポーネントを削除
    効果はなかった。
    • 手順: 以下を管理者権限のコマンドプロンプトで入力
      net stop wuauserv
      net stop cryptSvc
      net stop bits
      net stop msiserver
      ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
      ren %systemroot%\System32\catroot2 catroot2.old
      del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft etwork\Downloader\qmgr0.dat"
      del "%ALLUSERSPROFILE%\Microsoft etwork\Downloader\qmgr1.dat"
      net start msiserver
      net start bits
      net start cryptSvc
      net start wuauserv
       重要: コマンド実行後、5~10分待ってからWindows Updateを行う。実行後はSoftwareDistribution.old、catroot2.oldを手動で削除する必要あり。
  4. Windows Update のコンポーネントリセット ツール
    効果はなかった。
  5. Windows Updateのトラブルシューティング ツール
    効果はなかった。
  6. サイト内「Windows7のWindows Updateが終わらない、遅い、進まない問題の解決方法
    全ての手順を試したが効果は無かった。(その後、リンク先の対処手順を改定。現在は効果のある手順が記載してあります)
  7. セキュリティソフトを停止してみる、Windowsをクリーンブート
  8. してみる。
    効果はなかった。
  9. 「C:\Windows\SoftwareDistribution \DataStore\DataStore.edb」を削除してみる
    効果はなかった。
  10. 「%windir%\SoftwareDistribution \Download」を削除してみる
  11. メモリを増やしてみる(64bit機、4GB→8GB)
    効果はなかった。
    • 8GBだとメモリにかなり余裕がある状態になるが、更新の確認が早くなることは無かった。

※補足注意
いずれも60分経過し更新リストが取得できない場合はキャンセルしています。
なので、ひょっとすると「更新の確認に5~10時間くらいかかる」という場合には上記いずれかの方法が効果があるかもしれません。

「更新プログラムのダウンロードが0%から進まない問題」の検証

テストでは、発生する場合としない場合がある。
B機、C機、D機では問題発生せず (待ち時間は気にならないレベル)
A機、E機でははじめ「待ち時間ほぼなし」だったものの、システムの状態を変更して何度か検証を繰り返すうちに「最大で3時間待ち」まで、検証する度に異なる結果になった。
ちなみにダウンロードが始りさえすれば、後はスムーズに更新出来てます。

参考情報

検証サンプル数が少ないので、これが原因と言えるかどうかは分からないけど、以下を参考情報として掲載しておきます。

  • 問題の発生しなかったB機、C機、D機は今年に入ってからOSインストールしたもの。
    問題発生したA機、E機は2011年頃にOSインストールしたもの。
  • 「更新プログラムのダウンロード」が0%から進まない状態になったPCでは、以下の更新プログラムが今更のように配信されていた。
    • KB2882822 (2013年10月)
    • KB3080446 (2015年10月)
    • これらを過去に非表示にした事があるかどうか記憶なし。
  • 過去の更新プログラムの一部をインストールしなかった、または壊れていた、という感じなのだろうか?
    • Update前に行った sfc /scannowでは異常は検出されなかった。
    • 古いPCで「コンポーネントのリセット」や「DataStore.edbの削除」などで更新リストを初期化すると発生する問題なのだろうか?
  • ダウンロードの待ち時間が全く発生しなかったB機、C機、D機では、これら古い更新プログラムが配信され直すことは無かった。

おまけ検証

「ダウンロードが0%から進まない問題」が発生しなかったPC をシステムイメージから復元し「%windir%\SoftwareDistribution \Download」の中身を全削除し、再度Windows Updateすると「ダウンロードが0%から進まない」が発生する事を確認。(ダウンロード開始に2~3時間かかるようになった)

「SoftwareDistribution\Download」フォルダの中身を削除
▲クリックで拡大
「%windir%\SoftwareDistribution\Download」の中身を全削除している所。

「ダウンロード開始に時間がかかる問題」の原因の一つには「このフォルダ内のファイルが正常でない場合」というものがあるかもしれません?(予測)

追記&重要
「%windir%\SoftwareDistribution\Download」を削除する場合、「%systemroot%\system32\catroot2」 と同時に削除しなくてはならないのでは?
とツッコミ頂きました。
なるほど、両方削除したらダウンロードが0%から進まない問題が解消しました。ご指摘通りでしたorz


という事で、詳細を書くと以下のような感じです。

このフォルダの中身がおかしくなるケース

過去にWindows Updateが予期せぬ原因で失敗した事がある。

具体例

  • 通信回線が不安定 (電波が弱い無線LANなど) が原因で、Windows Updateが中断した事がある。
  • Windows Updateの途中で強制的にシャットダウンをした。
  • PC再起動直後にWindows Updateを実行し「エラー 80072ee2」を何度も発生させたことがある。
    • 補足: エラー 80072ee2について
      Windows が完全には起動していない、または通信環境やファイアーウォールの不調などでアップデートサーバーと正常に接続が出来ていない場合に発生するエラー

これらの場合、「%windir%\SoftwareDistribution\Download」の中にゴミが溜まっていたり、Windows Updateのデータベースに不整合が発生していたりします。(ただし今まではこれが問題になる事は殆どなかった)

解決方法

  • 「%windir%\SoftwareDistribution\Download」と「%systemroot%\system32\catroot2」 の中身を一度全部削除する。(削除には管理者権限が必要)
  • このページの中段のコマンドを赤字部分を含めて実行する方が確実。
  • ファイルを削除したらPCを再起動する。
  • PC再起動後、CPUがアイドル状態になるのを待ち、そこから3~5分ほど待ってから Windows Updateを開始する。

注意点

  • この手順は自己責任です。
  • すぐに効果が出るものではありません。
    • 対策を実行した後、最初の Windows Update ではダウンロードが開始されるまで2~3時間かかる場合もあります。
    • 該当フォルダ内のファイルを再作成する事により、次回以降のWindows Updateで問題を発生させないようにするものです。
  • またこれらのファイルを削除すると、稀にではあるものの他のトラブルの原因になる場合があります。

この手順の危険性について