VLC 1.1

6月22日にリリースされたVLC Media Playerの最新版バージョン1.1.0が、地味に凄い進化を遂げています。 (VLC Media Playerは、Windows、Mac OS X、Linuxに対応した高機能な動画再生用のフリーソフトです。)

公式サイト:VideoLAN- VLC

詳細はSourceForge.JP Magazineさんの該当記事
GPUデコードが加わったVLC 1.1.0登場、AOLの要請によりSHOUTcastサポートは除去

目玉的な新機能

  1.GPUデコードに対応
  2.DSPデコードに対応
  3.Youtube URLを貼り付けることで、動画を直接再生可能
    (「ネットワークストリームを開く」からURL入力)
特筆すべきはこの3点。

GPUデコード対応は、既にWMP、MPC-HE、Flash Player等々が対応済みで、ようやくVLCも対応か、といった感じもあります。しかし再生ソフトの選択肢が増える事は良いことだと思います。
ちなみにGPUデコード出来るのは現状Linux版とWindows版。Vistaと7対応でXPは無理。

VLCのGPUデコードサポートは、H.264およびVC-1、MPEG-2形式に対応。
Blu-Rayビデオの字幕やMPEG-4ロスレスなどもサポートしています。
またAOLの要請によりSHOUTcast機能は今バージョンから削除されています。

VLCメディアプレーヤーで直接YouTubeを見る方法

ストリームネットワークを開く
▲最新版のVLCメディアプレーヤーをインストールしたら、
「ファイル」→「ネットワークストリームを開く」を選択。

URL入力
▲上部タブが「ネットワーク」になっている事を確認、入力BOXに視聴したいYouTubeのURLを入力。最後に右下の「再生」ボタンを押す。

暫く待ち時間
▲最初はこんなメッセージが出て暫く待たされる事もありますが、、、

YouTube視聴
▲無事Youtube動画がVLCで視聴出来ます。
色々な動画を視聴していますが、やや古めの動画の中にはVLCで再生出来ないものもあるようです。数年前のFLVのみの古い動画でも再生出来るものもあり、再生出来る・出来ないの違いがドコにあるのか今の所チョット解らないです。
ちなみに上記画像はCat Shit One(キャット・シット・ワン)予告

ATIのビデオカードの人は注意

Windowsマシン+ATIのビデオカードでのGPU再生支援は、まだ不具合がある模様。本日時点での最新バージョンでも正常に作動しません。

ダウンロードURL、解説ページURL

サイト内解説ページ:VLC Media Player:何でも再生万能プレーヤー
公式サイト:VideoLAN- VLC: Free streaming and multimedia solutions for all OS!
ダウンロードサイト:Download VLC media player(リンクはWindows用)