NvuやKompoZerの後継となる、オープンソースのHTMLエディタBlueGriffonのM3版がリリースされました。実用レベルになってます!

HTML5やcss3を使ったサイトで、有名なものを読み込み、BlueGriffonの表示再現性や編集能力をテスト

CSS3ドラえもん
▲クリックで拡大: 一部正常に表示できない箇所があるようですが、あのHTML5+CSS3ドラえもんも読込み可能。HTML5やCSS3の知識があれば、エディタから編集も可能。

公式ページ:BlueGriffon.org
サイト内解説ページ:BlueGriffon

注:前回紹介した時に、私は誤訳してしまってたようです。
今回リリースされたのは「正式版1.0」ではなく、「ほぼ全てのメニューとプラグインが満足に作動するバージョン」の模様。現在のBlueGriffonのバージョンは0.7になります。

実際に触ってみても、十分に実用出来るレベルまで仕上がっている事が確認できました。
ただし一部のメニューが、日本語版Windowsや64bit版Windows7では満足な作動をしてくれません。それでも、年内または来年早々にはその辺りの問題をクリアしたバージョンが登場しそうな勢いです。

以下、現行最新バージョンを使って行ったテスト色々
(同じ内容をサイト内BlueGriffon解説ページにも追記しています)

HTML5+css3も描画OK。編集OK

ネタギア
▲クリックで拡大:
HTML5+CSS3で作成されたニュースサイト NetaGearさんをBlueGriffonで読込み。
こちらは一部のフォームが反映されていませんが、角丸、斜め文字などは適用されています。
また、リンク色はデフォルトの青のままになるようです。

追記注意

裏技Shop DDさんはHTML5+CSS3ドラえもんをやNetaGearをBlueGriffonで作成している訳ではありません。上記解説は「ぼくんちのTV管理人が」そのHTMLファイルをBlueGriffonで読み込み、HTML5とCSS3の再現性を確認したものです。

CSS3ドラえもんやNetaGerは2010年4~5月に話題になったサイト。BlueGriffonが実用レベルに達したのは2010年11月です。時系列的に、またCSS3ドラえもんの知名度からこの辺の読み間違いは発生しないと思っていたのですが、私の言葉が足りなかったようです。

一部サイトでそのような間違いが発生しているようですが、恐らくこのページの情報が違った解釈で伝わっていると思います。裏技Shop DDさんには申し訳ない事をしましたm(_ _)m

現行のHTML4.0やXHTML1.0+CSSもバッチリ

HTMLエディタとしての必要最低限な機能も全て整ってる感じ。
前バージョンで有効にならなかったメニューやボタン、全て正常に作動しています。

サイトを読み込んでみた
▲クリックで拡大: このサイトを読み込んでみた所。
現行のXHTML1.0やHTML4.0、CSSの解釈もバッチリ。
※今の所、リンクの色は反映されないっぽい。
※KompoZerの方が実際のブラウザに忠実だが、その差は僅か

文字を斜めに入力!回転!

HTML5で遊ぶ際、一番最初にやりたかったのがコレ

文字を斜めに
▲文字を斜めに打ったり、回転させたり可能。
ハンドルを摘んで回転させるのは、やや慣れが必要。でもGUIからグルグル回せます。

動画や音楽の挿入ボタン

動画と音楽
▲動画や音楽をHTMLに挿入するボタン

URL入力だけで簡単に動画や音楽を貼り付け・・・・の筈だが、現バージョンではまだ差し込みが出来ないみたい。

SVGエディタ搭載。お絵かき機能!

前バージョンでは別途ダウンロードが必要だったSVGエディタが標準搭載されました。

SVG
▲SVGエディタ搭載。
HTML5+CSS3ドラえもんとは全然手法は違いますが、SVGエディタで簡単に線画データを作成可能。上記まで5~10分で作成可能。ベクトルデータ(線だけで書く画像)です。

SVGボタン
▲お絵かきするSVG機能はこのボタンから。
SVGツールには、まだツールチップが無い。どのボタンでどういう操作が出来るのかは、触って試す以外に方法は無い。
また、SVGツールには今の所は保存ボタンが見当たらない。
 SVGエディタでソース表示≫ソース選択・コピー≫HTMLエディタ側に貼り付け
という操作をする必要があるのかもしれない(多分今後改良されると思うけど)

KompoZerより安定!

KompoZerでは、ul,liのリスト内にdd,dlリストを貼り付けるとエディタがハングし、作成中文書が全滅する事が多々あったが、BlueGriffonではそれが無い。

結構無茶な使い方が可能。

以下、不具合とか、KompoZerより劣る部分

BlueGriffonはKompoZerの後継ツールと言う事、私自身がKompoZerを愛用しているという点から、BlueGriffonとKompoZerを比較するような形で使ってみましたが、インターフェイス面ではまだまだKompoZerの方が完成度が高いです。

1.「痒い所に手が届く」的なインターフェイスもまだ実装されていない
2.右クリックでコンテキストメニューを開く機能が実装されていない
個人的には、この2点が改善されれば即移行できるレベルです。

やはり、インデントがずれる・・・

日本語ソース
▲クリックで拡大
日本語の文章を組んでからソース表示するとインデントが激しくズレる部分は前バージョンのまま。
※インデントのずれはVer1.5あたりで修正されました。

ファイルのドラッグアンドドロップに未対応?

Windows版はXPベースで作成されているとの事で、Windows7(64bit版)ではファイルをドラッグ&ドロップで開くことが出来ません。

結構重いです

30MBほどの小さなツールですが、起動も作動もKompoZerと比較して重く感じます。
ウチのPC(Core i7機)ではサクサク動きますが、一昔前のシングルコアPCだとちょっと辛いかもしれません。

もう一回バージョンアップすれば使える所まで来るか・・・!?

フリーのHTMLエディタ・WYSIWYGエディタを探している人にとって、神ツールとなる予感がビンビン来ます! !