Adobe LightRoomを使っていて、個人的に「便利だなあ・面白いなあ」と思った機能や、覚えておくと便利だと思った機能などをメモしたページです。

LightroomのRAW現像で面白い機能

ヒストグラムをドラッグしてトーンカーブの調整が可能
ヒストグラムをドラッグしてトーンカーブの調整が可能
▲クリックで拡大
スライダ調整と比較すると大雑把な調整しか出来ないのですが、これ便利ですね。

RAW現像中、現像の設定を元に戻したい場合

Lightroomの場合、Raw Therapeeのような個別項目をリセットするメニューは無い模様。
RAW現像中、現像の設定を元に戻したい
▲クリックで拡大
 ・気に入った現像が出来た時点でスナップショットを撮るか、
 ・ヒストリーを元に戻すか、
 ・全てを初期化するか
の3つの選択肢しかない・・・のかな?

Raw Therapeeの場合
Raw Therapeeの場合
▲クリックで拡大
各調整メニューに、個別にリセットボタンが付いているので、(Lightroomより作動が重いものの) 意外と便利なのです。

Exif情報をチェックする

画面右上、ヒストグラムの下にExif情報が表示される。
選択したフォルダの登録
▲クリックで拡大
もっと詳細なExif情報を表示させる方法は、まだ良く分からない。
もっと便利で分かり易い表示方法があるかもしれない。

あとがき

私の場合、Lightroomのフォルダやファイル管理がどうしてもしっくり来ない。
ここにメモした項目以外は、まあ・・・直感でなんとかなる。

とりあえず、Raw TherapeeよりLightroomの方が10倍くらい高速なので、今後の事を考えがんばって移行しようとしてる所。
さあ がんばれ私。慣れるんだ。