2015.07.28: CS6ではISOファイルの肥大化は起こらない事を確認したので追記

Adobe Encore CS5でDVDやブルーレイのオーサリングする際、

という場合は、一旦フォルダー形式で出力すると良いようです。
だいたい意図したサイズのISOファイルが出来上がります。
※ Encore CS6の場合、このようなISOファイルの肥大化は発生しないので、このページに記載した手順は不要です。

一旦フォルダー形式で出力する手順

Encoreの「ビルド」のタブで「出力:フォルダー」を選択すればOKです
Encoreの「ビルド」のタブで「出力:フォルダー」を選択
▲クリックで拡大
その後、出力したフォルダーはImgBurnなどでISO化します。

比較

Encoreで直接ISO化したものと、一旦フォルダ出力したのものファイルサイズを比較して見ました。
Encoreの「ビルド」のタブで「出力:フォルダー」を選択
▲クリックで拡大
25GB前後を狙ってブルーレイDiscをオーサリングした場合、
 ・直接ISO化・・・29GB
 ・一旦フォルダ出力・・・24GB
実に5GBもの差が出てしまいました。

また、DVDを作成する場合、4.4GBあたりを狙ってデータを用意した場合、
 ・直接ISO化・・・4.8GB
 ・一旦フォルダ出力・・・4.4GB
と、400MBくらいの差が出るようです。

あとがき

前回更新「Encoreで50GB(2層式)ブルーレイをオーサリングする時のTipsメモ」の際に、フォルダ形式でブルーレイデータを出力してみて、初めてこの現象に気が付きました。

う~ん。これは意外な発見でした。
「Encoreでオーサリングするとコンテンツ1本あたり500~1GBほど容量アップしてしまう現象」は、以前から確認していたのですが、、、一旦フォルダとして出力し、Imgburnなど他のツールでISO化すれば謎の容量アップは防げたのですね。。。

今まで気が付きませんでした(^_^;

教訓

Encoreでオーサリングする時は、面倒でもフォルダ出力しよう。
そして、ImgBurnなどでISO化してDVD-RやBD-Rに焼こう。

ただし、Encoreでファイルが増えるのは冗長性を持たせているため・・・のような気がしないでもないです。大事なファイルは(2層式BD-Rを使うとき以外は)、やっぱEncoreでISOにオーサリングしよう(^_^;

2015.07.28追記

このページで紹介したISOの肥大化は、Encore CS5にて発生する症状のようです。CS6を利用すれば、この問題は解決できるようです。

サイト内関連情報